2008年 11月 07日

辛子明太子スパ

c0066553_0493964.jpg
パスタは細麺(フェデリーニ)50gに辛子明太子が1/4はら。
溶かし無塩バターと茹で汁大匙1杯で和えただけ。






きのこソテー
c0066553_9452299.jpg
ベーコン(1切れ)に椎茸、シメジ、エリンギ。
ゲレープシード・オイルで炒め、塩胡椒のみ。






春菊の胡桃和え
c0066553_057511.jpg
ナッティ〜♪






胡麻豆腐
c0066553_0584558.jpg
既製品。 辛子しょう油で。








昨日「ナイロビの蜂」を観た。

c0066553_13452476.jpg
少しでもネタバレが嫌な人は読まないでね
Amazon.co.jp
外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、妻テッサ(レイチェル・ワイズ/本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞)と駐在先のナイロビで暮らしていたが、ある日突然テッサが殺人事件で死亡したとの知らせが届く。疑念に駆られて真相を究明しようとするジャスティンは、やがて世界的な陰謀と対峙(たいじ)することになってしまう…。
『シティ・オブ・ゴッド』で注目されたフェルナンド・メイレレス監督が、現実にアフリカで起きた事件を題材にしたジョン・ル・カレの同名小説を原作に、壮大なスケールで描く力作サスペンス映画。劇場公開時はまるでラブ・ストーリーのような宣伝がなされていたが、実際はアフリカを食い物にする者たちの傲慢さや、それゆえの重々しい衝撃的悲劇を前面に打ち出した社会派映画で、その中から夫の妻に対する愛情をじわじわと醸し出していくといった構造である。結末がアメリカ映画らしからぬところも妙味。ただし、妻のキャラクターには賛否あることだろう。(増當竜也)


評判通り、とてもおもしろかった。
ストーリーはさほど複雑ではないが、前半からしっかり
観てないと全体像がボケてしまうかもしれない。
[PR]

by ibulog | 2008-11-07 09:20 | うち食 | Comments(0)


<< また だし巻き玉子      また おでん >>