胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 25日

えび天

サック(゚∀゚*)サク!
c0066553_21432362.jpg
天然もの(インドネシア産)が6尾で500円。
キャノーラ油で揚げた。←ろここが

最初は塩、あとから天つゆで。






レンコンの梅肉和え
c0066553_21461712.jpg
スライスしたレンコンをサッと茹で、
練り梅とカツオだしと醤油であえた。←ろここが







大根おろし
c0066553_21493173.jpg
天つゆに入れたり、醤油をかけたり。






小松こんぶ(京都雲月)と、うまかもん(ふくや)
c0066553_21511556.jpg
箸休めに。






ピザトースト / ジェノベーゼ
c0066553_2152395.jpg
気持ちが足りなかったので。








■昨日「理由」を観た。

c0066553_9433864.jpg
内容(「Oricon」データベースより)
名優ショーン・コネリーの製作総指揮、主演で贈る緊迫のサイコサスペンス。ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・キャプショーほか共演。

展開は「みえみえ」だったが、エド・ハリスを始め
キャスティングの良さがそれを補って余ある作品に
仕上げていた。
子役のスカーレット・ヨハンソン も可愛らしい。

サスペンス★★★☆☆







■続けて「セックスと嘘とビデオテープ」を観た。

c0066553_9444298.jpg
少しでもネタバレが嫌な人は読まないでね
Amazon.co.jp
89年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品
アカデミー賞監督賞(「トラフィック」)に輝くスティーブン・ソダーバーグのデビュー作!

<キャスト&スタッフ>
グラハム…ジェームズ・スペイダー
アン…アンディ・マクダウェル
ジョン…ピーター・ギャラガー
シンシア…ローラ・サン・ジャコモ

監督・脚本:スティーブン・ソダーバーグ
製作:ロバート・ニューマイヤー/ジョン・ハーディ
撮影:ウォルト・ロイド

●字幕翻訳:戸田奈津子

<ストーリー>
夫ジョンは弁護士、妻アンは貞淑な主婦。理想的な夫婦の日常は、夫の友人・グレアムの出現によって波風が立ってゆく。ジョンの浮気に何となく気づいていたアンは、グレアムの向けるビデオカメラに心情を吐露する。崩れ落ちてゆく夫婦。そしてまた、グレアムも心に大きな傷を抱えていた──。セックスと嘘が絡み合う日常、ビデオカメラだけが真実を静かに収めてゆく……。

20年ぶり再観。
タイトルから想像されるエロさは無いw
好き嫌いは分かれるだろうが、ボクが好きな映画のひとつ。

ドラマ★★★★☆







■真夜中に「アメリカン・グラフィティ」を観た。

c0066553_94619.jpg
Amazon.co.jp
舞台は1962年カリフォルニア北部の小さな街、カスタムカーを飛ばしてガールハントしながら気晴らしにほうける若者たちの一夜の出来事を快活につづった青春映画の秀作。
まだヴェトナム戦争もドラッグも青春とは無縁だった時代のノスタルジーを、後に『スター・ウォーズ』で大ブレイクすることになるジョージ・ルーカスが製作・監督。共同製作にフランシス・フォード・コッポラが名を連ねている。出演もリチャード・ドレイファスにハリソン・フォードなど、スターの若き日の姿をとくと拝めるのがいい。また後に監督に転じるロン・ハワードの、俳優時代の代表作とも言えるだろう。『ロック・アラウンド・ザ・クロック』など、当時の流行サウンドが全編に流れる手法を用いた先駆的作品でもある。(的田也寸志)

30年ぶり再観。
圧倒的なオールディーズ(ミュージック、ファッション、車)!
バーボンが進む進むw

仕事の修行中で周りが何も見えなかったアノころを思い出し
鼻の奥が ツン と酸っぱくなった。

ドラマ★★★★★
[PR]

by ibulog | 2008-11-25 07:46 | 揚げもん | Comments(6)
Commented by ハニーJ at 2008-11-25 11:28 x
「セックスと嘘とビデオテープ」は確かにタイトルで一瞬引きますね。
私もツボでした、この映画は。

「アメリカン・グラフィティ」は言わずもがなですがな。
Commented by hal's dad at 2008-11-25 12:45 x
I・Wハーパーだったかを買いに行くシーンが
ありましたね。
ベトナムで行方不明。。。でしたかねぇ。
Commented by ろこお at 2008-11-25 15:28 x
ハニーJさん こんにちは
「セックスと嘘とビデオテープ」は、ボクのパルムドール初体験だと思います。
しかもタイトルに惹かれて観た覚えが… うふ♪

「アメリカン・グラフィティ」もそーとー久しぶりでしたが、アノ頃が鮮明に
甦ってしまい、観終わってもなかなか寝付けなかったとさ(笑)
Commented by ろこお at 2008-11-25 15:35 x
dadさん こんにちは
あのウヰスキー、ボクも気になったのでシッカリ観直してみたんですが、
「オールド・ハーパー」って言ってましたねぇ。
で、ベトナムで行方不明。。。 短い人生ですよねぇ。
今晩もう1度観るつもりですw
Commented by rakachibe at 2008-11-25 16:58
「セックスと嘘とビデオテープ」は素敵な映画に違いない。
今度見よう今度見ようと思いつつ、20年経ってしまったのですね。。
今度見よう。
なんだか、明日はなろう明日はなろう。のあすなろ物語みたいだ。
Commented by ろこお at 2008-11-25 19:03 x
rakachibeさん こんばんは
>素敵な映画に違いない。
 ↑ヘンなこと想像しよろ?w

映画はタイミングなので思いついたらど~ぞ
タブン好きそうばい。


<< イエロー・ストーン / バーボン      焼き茄子 >>