2009年 03月 12日

れんこんキンピラ

c0066553_22372722.jpg
昨日はボクが作りたかったが、ろここに拒否された。

作りたかったのに...














新タマネギと新ジャガイモのサラダ
c0066553_22412757.jpg
ツナ入り。
レタスを敷き、8度トマトを添えて。

昨夜はコレだけ、腹八分。








きのう「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」を観た。

c0066553_1948340.jpg
Amazon.co.jp
言わずと知れた、おとぼけ迷惑キャラの、これは10年ぶりの映画。主演ローワン・アトキンソンの肉体のシルエットが、ほとんど変化していないのには驚くばかり。今回は、教会のクジでカンヌ旅行に当選したビーンが、ロンドンからフランスへ向かうのだが、言葉が通じないことを逆手にとり、身振り手振りのギャグが中心になるので、よりストレートに笑える作り。これが成功のポイントになった。海老を殻ごと食べ、大道芸人のようにオペラを演じるなど、ビーンの肉体の動きの面白さを満喫できるのだ。
ビーンのドジ行動で、有名映画監督が駅に置いてきぼりにされ、ビーンは電車内にいた監督の息子とカンヌへ向かう。途中、映画の撮影現場に乱入したりと、相変わらずやりたい放題なのだが、クライマックスのカンヌでは、彼の行為が映画祭の観客にとって“痛快”になる展開がシニカル。オバカなギャグと名人芸の数々でノンストップに楽しませながら、「カンヌの海が見たい」というビーンのピュアな願いが叶うかどうかというラストは、心がほんのり温かくなるシーンとして結実している。(斉藤博昭)


昔ほどのパワーは感じないが、
Mr.ビーンは永遠なのだ。
[PR]

by ibulog | 2009-03-12 08:55 | うち食 | Comments(0)


<< 麻婆豆腐      串焼き >>