胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 04日

そら豆のマッシュ、チーズ焼き

c0066553_22163353.jpg
先日茹でただけじゃイマイチだったので、マッシュにしてチーズ、
グレープシードオイルを混ぜ込んだパン粉を載せて焼く。

目をチョッと話した隙に焦げた _| ̄|○ナンテコッタ

ろここ発案作。






お好み焼き
c0066553_22173030.jpg
粉50g、卵1ヶ、水40cc、じゃこ天、
ネギとキャベツをたっぷり入れて焼き
ひっくりかえ~す

が失敗 щ(´□`)щ オーマイガーッ!!






なんとか形を整え出来上がり
c0066553_2218434.jpg
どろソースを薄く塗り、花かつお、青海苔。






8度トマト
c0066553_2221470.jpg
長崎県産。粗塩で。








昨日「イントゥ・ザ・ワイルド」を観た。

c0066553_9193094.jpg
Allcinemaより
 若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の青年の姿を追ったジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション『荒野へ』を、オスカー俳優ショーン・ペンがメガフォンをとり映画化。恵まれた境遇にありながらも繊細な感受性ゆえに満たされずにいた青年が、突然すべてを捨て、ヒッチハイクでアメリカを縦断しながら様々な人々との出会いを経て、最後は徒歩でアラスカの荒野へと分け入り、その4ヵ月後に餓死した死体となって発見されるまでの心の軌跡を静かに見つめていく。主演は「ロード・オブ・ドッグタウン」のエミール・ハーシュ。
 1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス。卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断った彼は、通帳にあった預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げることなく、文字どおり無一文でアラスカへ向けて旅に出る。道中、様々な出会いと経験を重ねるクリス。サウスダコタでは彼の無鉄砲を諫めてくれる陽気な兄貴分ウェインと親交を深め、スラブスではヒッピーなどアウトサイダーたちが集うコミューンに身を寄せ、そこで美しい少女トレイシーと出会う。彼女はクリスに好意を抱き、クリスにも恋心が芽生えたかに思われたが…。一方その頃、残された家族は音信不通の息子の身を案じ、祈る思いで彼の帰りを待つのだったが…。


この映画にはブレがない。
だから観る側としては、共感出来ない部分はキツいし
共感出来る部分は、より感動した。
心に残る映画ではある。
[PR]

by ibulog | 2009-04-04 09:38 | 動画 | Comments(2)
Commented by だこた at 2009-04-04 20:54 x
いつもながら旨そうーなモンばっか食ってますなぁ。
ウチはHANAと二人きりで、粗食に絶えているので毒です。


さてさて、出遅れ感満載で、登場!
エイプリルフールに遡って書き込むか相当悩んで、オカマの日。
潜水艦モン楽しんでいただけたようで何よりです。
↑とは全く関係無いんですが、以(相当前)に我が家でアレさせて頂いた中にEva Cassidyが入ってて、そこにAin't No Sunshineが!
今の今まで気づかなかった。PC入れ替えでバタバタやってて気がつきました。
ホンモンのBill Withersのが聞きたいっ。
Commented by ろこお at 2009-04-05 06:51 x
だこちゃん おはよーございます
おせーてもろた「クリムゾン・タイド」オモロかったです。
ありがとうございました。

>ホンモンのBill Withersのが聞きたいっ。
 ↑アレしろって?
アナログしか持っとらんもん、ゴメンね(笑)
You Tubeから拾って我慢してください♪


<< ハンバーグ      ささみ青紫蘇チーズ春巻き >>