胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 22日

葉牛蒡のキンピラ

c0066553_032242.jpg
葉牛蒡は、まず麺棒でシッカリしばき倒して
ゴマ油、タカノツメ、ダシ醤油、ひねり胡麻。






筍煮
c0066553_045039.jpg
かつおだし、かえし、日本酒、塩、念願の木の芽。






厚揚げ
c0066553_0633.jpg
カリッと焼いてショウガ、青ネギ、一味胡椒、うまたれ






トマトスライス
c0066553_072471.jpg
とったんの塩で。






薩摩白波
c0066553_08869.jpg
オン・ザ・ロック








きのう「シティ・オブ・メン 」を観た。

c0066553_0123775.jpg
Amazon.co.jp
ファヴェーラの丘、デッド・エンド・ヒルでは丘の領域をめぐりギャングの抗争が起こっていた。そこで幼い頃から本物の兄弟のように育った2人——2歳の息子の父親アセロラと、父親を知らずに育ったラランジーニャ。2人が18歳になる年、長い間行方不明だったラランジーニャの父親が現れ、2人の関係が急激に変わり始める。父との生活を優先したくなったラランジーニャはアセロラと距離を置くようになる。アセロラはギャングの抗争に捲き込まれ、自分の父親がラランジーニャの父親に殺されたことを知る。そしてファヴェーラに火が放たれ銃撃戦が始まる……。2人の友情は現実に引き裂かれてしまうのか? 陽気な地獄を生き抜く術は、銃か、友か、それとも……

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『シティ・オブ・ゴッド』のスタッフ&キャストで描くスタイリッシュ・サバイバルアクション。暴力がすべてを支配するブラジルのスラム街・ファベーラを舞台に、友情が芽生えたふたりの青年がギャングの抗争に巻き込まれていく。


先日観た「シティ・オブ・ゴッド」より線は細いが楽しめた。
テーマ(親子愛、家族愛)がしっかり描かれてるし。
[PR]

by ibulog | 2009-04-22 08:56 | うち食 | Comments(0)


<< 若鶏の明宝ケチャップ煮      メンチカツ >>