胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 25日

キッシュ もどき

c0066553_22315818.jpg
ベーコンとホウレン草の、タルト生地無しキッシュ。
もちろん生クリームも無いので牛乳で代用。






長芋鉄板、醤油味お好み焼き もどき
c0066553_22342325.jpg
長芋とろろに、カツオだし、青ネギ、天かす入れ
わりと濃いめに焼き色が付くまで鉄板で焼く。
仕上げに醤油をぬり、おかか、青海苔を振りかけ出来上がり。






フルーツトマト
c0066553_22371430.jpg
おいしい塩で。






朱盃 (熊本県)と黒霧島(宮崎県)
c0066553_22394283.jpg
ろここは芋、ボクは最近日本酒が多い。








きのう「ピアノ・レッスン」を観た。

c0066553_20122232.jpg
Amazon.co.jp
ジェーン・カンピオン監督の『ピアノ・レッスン』は深く琴線に触れる作品であり、1993年に公開されると、その豊かで夢幻的な映像によって観客を魅了している。主人公のエイダ(ホリー・ハンター)は6歳のときに話すことをやめたスコットランド女性。娘のフローラ(アンナ・パキン)を伴い大切なピアノとともに、農夫の夫(サム・ニール)と見合結婚のためにニュージーランド南端の島にやって来る。エイダは、顔にマオリ族の入れ墨をした無愛想な隣人(ハーベイ・カイテル)にピアノを教えることになり、そこから展開が始まる。映画は力強くも夢のようなロジックに基づいており、ストーリー性すらあっさり否定してしまう。息をのむほど美しい恋愛映画であり、異彩を放つ演出家であるカンピオン監督が独特の手法で作り上げている。カンヌ国際映画祭ではパルム・ドール賞を受賞し、さらにアカデミー賞ではハンターとパキンがオスカーを、カンピオンが脚本賞をそれぞれ受賞している。(Jim Emerson, Amazon.com)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
オーストラリア出身の女流監督、ジェーン・カンピオンによる問題作がデジタルリマスター仕様でリリース。一台のピアノとひとり娘を連れて英国からニュージーランドへ再婚にやって来た女性・エイダの愛の日々を綴る。93年のアカデミー賞3部門受賞作品。

何処を探しても無かったDVDが天から降ってきたw
想像していた映画とはまったく違い、
音楽ものというよりエロス系ラブ・ストーリー。
ホリー・ハンターが素敵だったので★ひとつ増し。

ありがとうございました♪
[PR]

by ibulog | 2009-04-25 08:52 | うち食 | Comments(4)
Commented by ハニーJ at 2009-04-25 10:19 x
最後まで見られて良かったです。
以前、家人に頼んだヒッチコックの「めまい」のラストが切れていて、激怒した経験あります。

ハーベイ・カイテルが私は好きです。
Commented by mica at 2009-04-25 16:25 x
見られてよかったですね〜。

いかにも女性監督らしい作品、だと思います。
わたしは好きです〜。
アンナ・パキンちゃん、最近では
『イカとクジラ』で観ましたけど、
ここのところはTVで活躍しているようですね。
『天才子役』の中では、勝ち組?
Commented by ろこお at 2009-04-25 17:11 x
ハニーJさん おかげさまで♪
アレも無事w

ハーベイ・カイテルはボクも大好きです、
タランティーノ作品では彼が居ないことなど
考えられんですもんね。
アリガトウゴザイマシタ!
Commented by ろこお at 2009-04-25 19:04 x
micaさん こんちは
「イカとクジラ」はボクも観ましたけど
この子役さんが出てたんですね〜
どの役の子かまったく覚えとらんけど(笑)

>『天才子役』の中では、勝ち組?
 ↑今晩観なおしてみよ


<< 野菜炒め      千代の園 純米酒 朱盃 (熊本県) >>