胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 14日

れんこんバーグ

c0066553_2255127.jpg
れんこんもち磯辺焼き(角切り入り)
作り方はコチラ
フライドポテトも添えて。






厚揚げ
c0066553_2262848.jpg
生姜、青葱、一味、うまたれ。






ゆで玉子
c0066553_2265624.jpg
9分茹で。
塩でイったりマヨでイったり。






お酒
c0066553_229426.jpg
薩摩白波








■「殺人の追憶」を観た。

c0066553_19594387.jpg
Amazon.co.jp
1986年ソウル近郊の農村で起こった女性の猟奇的殺人事件。特別捜査本部のトゥマン刑事はソウル市警から来たテユン刑事と組んで事件に挑むが、捜査方法の異なるふたりは対立し、何度も失敗をする。しかし、ある出来事がきっかけとなり有力容疑者が浮上する。
実際に起きた未解決事件をもとに『吠える犬は噛まない』のポン・ジュノ監督が脚色&監督した韓国の傑作サスペンス。前半は田舎刑事トゥマンの強引な捜査方法や都会派テユンとのやりとりをユーモラスに描きコミカルな味わいもあるが、どしゃぶりの雨の中、畑の一本道での犯行シーンの身の毛もよだつ恐怖、有力容疑者の尋問、決定的な証拠につまづくジレンマなど、強烈なサスペンスには目が釘付けになること必至。人間描写、伏線の張り方など、ジュノ監督のパーフェクトな演出力にはうなるばかり。またトゥマン演じるソン・ガンホ、テユン演じるキム・サギョンほか役者の演技も素晴らしい。恐怖の余韻を残すラストシーンも秀逸だ。(斎藤 香)


韓国のサスペンスものはホントに上手い。
露出を抑えた犯行現場(遺体を含め)、映像の色合いなど
見せ方が上手いというか、同じアジアで隣どうしの国なのに
こうも違うのもかとうならされた。

サスペンス★★★★☆






■「ワイルドシングス」を観た。

c0066553_19582979.jpg
Amazon.co.jp
フロリダ州の高校教師サムが、自宅で女子高校生をレイプした罪で訴えられたが、実は彼に恨みを抱く教え子ケリーとスージーの陰謀ではないかとの見方も出てきて、たちまちスキャンダラスな話題となっていく。やがてサムには無罪の判決が下り、彼は多額の示談金をせしめるのだが、事件に疑問を抱いた刑事のデュケは独自に捜査を開始する…。
登場してくるキャラクター全員がまったく信じられなくなるほど、誰が真実を語っているのか見分けがつかなくなるという、まさに薮の中状態ともいえる人間たちの騙しあいを主軸に、鬼才ジョン・マクノートン監督がクールで軽やかなタッチで描いた犯罪劇。主演のケヴィン・ベーコンが製作総指揮も務めている。(的田也寸志)


うっとおしいくらいの 大・どん・でん・ぇ〜し!w

サスペンス★★★☆☆
[PR]

by ibulog | 2009-05-14 06:10 | うち食 | Comments(2)
Commented by ハニーJ at 2009-05-14 11:22 x
「殺人の追憶」

はぅ~・・・・・・
思い出しました。
この映画は予告編を何度か見たのに、見逃した映画でした。
やっぱ、面白かったとですね。
ソン・ガンホは好きな俳優さんですばい。
Commented by ろこお at 2009-05-14 22:26 x
ハニーJさん こんばんは
「殺人の追憶」
 ↑ボクはオモロいと思ったんですが、
今日話した友人は好みじゃなかったそうです。
さて、どっち?(笑)


<< チンゲン菜と豚バラの蒸し物      焼き肉 >>