胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 04日

納豆inダシ巻き玉子

c0066553_22442977.jpg
真ん中寄りに納豆を九割がたi n。

要するに納豆を九割混ぜ込んだ卵液と
一割混ぜ込んだ卵液の2種類をつくり、
最初に九割混ぜ込んだ卵液から焼く。







焼き茄子
c0066553_22485677.jpg
生姜、花かつお、しょう油。






焼きオクラ
c0066553_22494823.jpg
一味胡椒、うまたれ。

昨日は走らんやったので、全品作らせてもらった。
ありがとう。






きのうのお酒
c0066553_22505710.jpg
薩摩白波の黒と寒北斗の吟醸。








きのう「デイジー」を観た。

c0066553_2254490.jpg
Amazon.co.jp
画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)には幻の恋人がいた。山間の村で絵を描いていた夏から、匿名でデイジーの花を届けてくれる人だ。ある日肖像画の客として現れたジョンウ(イ・ソンジェ)こそがその人と確信し、恋に落ちるヘヨン。しかし本当の贈り主は、刑事であるジョンウが追う孤高の暗殺者パクウィ(チョン・ウソン)だった。はかなく交差する3人の運命…。
『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンがオランダを舞台に魅せる、美しくもせつないラブサスペンス。監督は『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ、脚本は『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン、音楽は『LOVERS』の梅林茂。(仲村英一郎)


ふつーアソコで銃撃戦をヤル?←ボクにとってココが全て(興ざめ)やった。
まあ話の流れは良く出来てたので評価は甘め。
[PR]

by ibulog | 2009-07-04 09:00 | うち食 | Comments(2)
Commented by ハニーJ at 2009-07-04 10:37 x
以前の映画を少しずつ混ぜ合わせた作ったような気もしました。
クォン・サンウの「野獣」の方が行くとこまで行っちゃった感があり、私は好きです。(私はユ・ジテが好きなので贔屓目)
にしても、韓国には破滅的な結末のが結構ありますね。「甘い人生」とかも。
Commented by ろこお at 2009-07-04 13:26 x
ハニーJさん こんにちは
この作品は大好きな映画「インファナル・アフェア」と同じ監督作品
ということで観てみました。
大筋でキライじゃないけど、なんだかなぁ…というカンジ。
破滅的な結末は基本苦手なので「甘い人生」はパスしときまっしょ(笑)


<< オムライス      寒北斗/吟醸 >>