胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 08日

野菜の串焼き

c0066553_2250475.jpg
生キャベツ&うまたれ。

ろここが「タンパク質も摂らな」というので
粗挽きウインナーも焼いた。






長芋の鉄板き
c0066553_2252481.jpg
擦りおろしたすりおろした長芋に、青葱、天かすを入れ、
カツオダシで味付けし鉄板で焼く。
しょう油、魚粉をふって出来上がり。

タコの入ってない たこ焼きみたいで美味しい。






きのうのお酒
c0066553_22552758.jpg
寒北斗/吟醸








きのう「シビル・アクション」を観た。

c0066553_2315542.jpg
Amazon.co.jp
あくまでもビジネス優先で仕事を行う敏腕弁護士のジャンは、息子の死が環境汚染によるものだと訴える母親の懇願にやむなく耳を傾ける羽目になり、調査を開始。やがて彼はおぞましき事件のいきさつや、被害者家族の苦しみなどを目の当たりにしていくうちに、いつしか事件に没入していく…。
アメリカで実際に起きた民事訴訟をもとにしたヒューマン法廷劇。はじめ嫌みなエリート臭プンプンだったのが、次第に真顔になっていくとともに一文なしになっていく主人公の過程をジョン・トラヴォルタが熱演。工場側の弁護士役ロバート・デュヴァルとの静かなる対決もスリリングでいい。地味な展開であるが、さりげなく編集に凝るなど、観る者を飽きさせない作業に腐心しているスティーヴン・ザイリアン監督は『シンドラーのリスト』の脚本家としても著名。(的田也寸志)


この作品を観ながら「エリン・ブロコビッチ」を思い出した。
エンタテイメント的には「エリン・ブロコビッチ」にややおよばないが、
トラボルタの演技はオスカー女優ジュリア・ロバーツに一歩もひけをとらない。
[PR]

by ibulog | 2009-07-08 09:29 | うち食 | Comments(0)


<< たたみいわし      唐揚げ >>