胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 13日

凍み大根

c0066553_2264264.jpg
半日水に浸して戻し、
チクワと一緒に炊き合わせる。

初めて上手に出来た。
気がする。

美味しいものをありがとうございました。






にら餃子(既製品)
c0066553_2285451.jpg
うまたれ1:1ポン酢






昨日のお酒
c0066553_2210637.jpg
薩摩白波のロック。








きのう「ダイヤルMを廻せ!」を観た。

c0066553_22144967.jpg
Amazon.co.jp
フレデリック・ノットの舞台劇をアルフレッド・ヒッチコック監督が映画化した作品。そのためドラマのほとんどが室内で起こる構成で、また犯行のプロセスが芝居の進行と共に明かされるサスペンス映画となっている。
若く美しい妻マーゴ(グレース・ケリー)の不倫を知った夫のトニー(レイ・ミランド)は彼女を殺害しようと企む。トニーがマーゴの不倫相手マーク(ロバート・カミングス)とパーティに出かけ、その間に悪党レズゲートに妻を殺させようとする。
ヒッチコック・ヒロインのひとり、グレース・ケリーの美しさは言うにおよばず、殺人をめぐるシチュエーションが刻刻と変化するあたりがサスペンス描 写を巧みに盛り上げる。なお本作は3D方式を用いた立体映画として製作されていることから、立体感を過剰に強調した構図が随所で見られる。またマイケル・ ダグラスとグウィネス・パルトロウが出演した『ダイヤルM』(1998)は、本作の再映画化。(斉藤守彦)


まるで読書でもしているかのような字幕の連続に疲れたw
でもさすがはオリジナル、リメイクとはまったくの別物。
こうして両方観て見ると、リメイクも捨てたもんじゃない。
[PR]

by ibulog | 2009-09-13 07:47 | いただきもん | Comments(0)


<< ポテサラ      粗挽きウインナーのピッツァ >>