胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 11日

あれやこれや

きんぴらミックス
c0066553_2253158.jpg
れんこん、ごぼう、にんじん。






イカの一夜干し
c0066553_22534839.jpg
義姉の実家(石川県)提供。
しょう油マヨ一味胡椒で。






キドニービーンズのオムレツ
c0066553_22563060.jpg
クリームチーズ入り。
フレッシュ・バジルを散らしケチャップで。






青紫蘇穂のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
c0066553_22581711.jpg
煉りウメ入り。

この夜、トレイルランナーのべべさん乱入。
ガッツリ食べてご帰宅。お土産(みや)付きw








きのう「運命の逆転」を観た。

c0066553_8291116.jpg
Amazon.co.jp
富豪の妻(グレン・クローズ)を殺害しようとし、植物人間にさせた罪で起訴された夫のフォン・ビューロー(ジェレミー・アイアンズ)。彼の弁護を引き受けたアラン(ロン・シルヴァー)はプロジェクトチームを作り、誰がどう見ても有罪にしかなりえない裁判に臨んでいくが……。
1980年に実際に起きた事件を、『バーフライ』などの俊英バーベット・シュローダー監督が冷徹な視線で映画化した社会派ドラマの秀作。上流階級の内幕や、依頼人に疑念を抱きつつも、あくまでビジネスとして無罪を得ようと腐心する弁護チームなど、現代社会の黒い構図がサスペンスフルに展開していく。 J・アイアンズの不気味なたたずまいも実に素晴らしく、それゆえに事件の真相を欲しようと観る者はますます画面に釘付けになるのは必至である。(的田也寸志)


セリフ、展開がめんどくさい割りには
盛り上がりに欠ける。
が、ボクの中に何かが残ったw
[PR]

by ibulog | 2009-10-11 08:33 | うち食 | Comments(0)


<< ポールボキューズのパン      がめ煮 >>