胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 08日

舌カレイの唐揚げ

c0066553_227241.jpg
片栗粉を叩いて揚げ、ポン酢で。
〆印に切れ目入れるの忘れた...






大根おろし
c0066553_2281393.jpg

擦りおろしたら緑になる青い大根。






小松菜とエノキの炒め煮
c0066553_2295716.jpg
DADACHAのベーコンと。
塩胡椒、ゴマ油、ダシ醤油をチョコっと。






切れてるチーズ
c0066553_2212178.jpg
クラフト製、マヨで。






きのうのお酒
c0066553_22124573.jpg
里の曙、ロック。








きのう「エネミー・オブ・アメリカ」を観た。

c0066553_22162915.jpg
Amazon.co.jp
弁護士のディーン(ウィル・スミス)は、テロ防止を名目に“通信システムの保安とプライバシー法案”を作ろうとする国家安全保障局行政官レイノルズ(ジョン・ヴォイト)が反対派議員を殺害した現場を撮影したビデオテープを手に入れたことから、家族ごと命を狙われるはめになり、情報ブローカーのブリル(ジーン・ハックマン)との接触を図る…。
『トップガン』『クリムゾン・タイド』などで知られる製作ジェリー・ブラッカイマー、監督トニー・スコットの名コンビによる、もはやよその国の絵空事とすませるわけにはいかないポリティカル・サスペンス。劇中あちこちに盗聴などで簡単にプライバシーが暴かれていくなど、ハイテク機器の脅威が描かれていくのも現代ならではの恐怖を感じさせる。(的田也寸志)


トニー・スコット、
相変わらず目がチラチラする映像は辛いが
話は解りやすくて面白かった。
[PR]

by ibulog | 2010-01-08 07:58 | 揚げもん | Comments(0)


<< 鶏と虎豆のトマト煮      おでん 鍋仕立て >>