胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 12日

紫蘇つくね

c0066553_21454528.jpg
鶏ミンチをろここが加工。
タレ焼きと塩焼き。






ワカメとキュウリの酢のもの
c0066553_21464145.jpg
うまたれ。






カボチャのサラダ
c0066553_21472235.jpg
皮のままマッシュにし胡桃とクリームチーズを合わせ
塩胡椒、桂皮、マヨネーズで和えた。






トマト
c0066553_21474869.jpg
またいちの塩。






キーマカレー
c0066553_21481928.jpg
ろここが作った弁当からくすねた。






きのうのお酒
c0066553_21484385.jpg
薩摩白波の黒、ロック。








きのう「マイ・レフトフット」を見た。

c0066553_21493487.jpg
Amazon.co.jp
1932年、アイルランドのダブリンに生まれたクリスティ(ダニエル・デイ・ルイス)は、生まれながらにして脳性小児麻痺に冒され、かろうじて動く左足を用いて外界との交流をはかるようになる。やがて彼は、専門医のアイリーン(フィオナ・ショー)の指導で言語能力や身体機能を開発させ、絵の個展を開くまでに至るが……。
名匠ジム・シェリダン監督が、実在のアイルランドの画家であり、作家であり詩人でもあるクリスティ・ブラウンの半生を描いた秀作ヒューマンドラマ。感傷的な演出を避け、むしろ厳しく彼を見つめ続ける的確なカメラアイが素晴らしい。アカデミー賞では主演男優賞および、母親役のブレンダ・フリッカー(好演!)が助演女優賞を受賞。(的田也寸志)

[PR]

by ibulog | 2010-07-12 21:50 | うち食 | Comments(0)


<< 豚ロース生姜焼き      残りもん >>