胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 06日

胡麻の日

天麩羅
c0066553_22514996.jpg
チクワ磯辺揚げ、ピーマン、唐芋。






いも天
c0066553_22532288.jpg
黒胡麻だらけ、アリが集(たか)っとうみたいやろ?w






キュウリとワカメの酢のもの
c0066553_225527.jpg
うまたれ、白胡麻。






冷や奴
c0066553_22554913.jpg
煉り梅、すり胡麻、しょう油。






冷や奴
c0066553_22563477.jpg
浅葱、おろし生姜、鰹節、しょう油。






ナマ野菜
c0066553_22575076.jpg
桃太郎とプリーツレタス。






きのうのお酒
c0066553_2258345.jpg
薩摩白波の黒、ロック。








きのう「バットマン ビギンズ」を観た。

c0066553_22502751.jpg
Amazon.co.jp
1989~1997年に4本の映画が製作されたシリーズが復活。バットマンの誕生秘話に焦点を当てる。少年時代に両親を殺されたブルース・ウェインは復讐を誓って成長するが、犯人は殺害され、彼は行き場のない怒りに苦しむ。謎めいた「影の軍団」から戦闘技術を学んだブルースは、ゴッサム・シティで亡き父の大会社を受け継ぎながら、バットマンに変身して悪と戦うようになる。
若きバットマン役、クリスチャン・ベールを、錚々たる名優陣が囲む充実のキャスティング。渡辺謙も短い登場シーンながら怪しげな存在感を示す。主人公が訓練の末に超人技を身につけるという設定から分かるように、前シリーズに共通するアメコミヒーローの軽さや、悪役の奇抜さはまったくない。バットモービル、バットスーツなども映像の雰囲気に合わせてハードに進化。クリスチャン・ノーラン監督は、ダークでシリアス、正統派のアクション映画を目指したようで、その意図は十分に達成されたと言っていい。前シリーズがそれほど好きでなかった人の方が、満足する出来かもしれない。(斉藤博昭)


先日観た「ダークナイト」の前編をやっと観た。
ジョーカー役を演じたヒース・レジャーが強烈だっただけに
本作の悪役に不安を禁じえなかったが、なかなかどうして、
リーアム・ニーソンやキリアン・マーフィーはイイね。
渡辺謙に付いてはノーコメント(笑)
[PR]

by ibulog | 2010-08-06 06:54 | 揚げもん | Comments(0)


<< ギョーザ      豆苗 >>