2011年 03月 07日

がんもどき

c0066553_21105261.jpg
大根と炊き合わせた。
鰹と昆布の出汁、薄口醤油、日本酒、赤酒、塩。






ポテサラ
c0066553_2113239.jpg
セロリと、フルーツトマトを添え、
擦り胡麻をトッピング。

じゃが芋(1ヶ)、玉葱(1/4ヶ)、胡瓜(1/2本)
ロースハム(2枚)、茹で玉子(1ヶ)、に
マヨ適当、洋コショーたっぷり、レモン汁。

月に二度は食べんと禁断症状がでます(笑)






きのうのお酒
c0066553_21172886.jpg
黒霧ロック。








きのう「72時間」を観た。

c0066553_2121982.jpg
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
新鋭、カスパー・バーフォード監督によるクライムサスペンス。不審な死を遂げた父親の死の真相を追う若手弁護士のヨナスが罠にはめられ、72時間のうちに追い詰められていく。ある朝ヨナスが目を覚ますと、部屋に女の死体が転がっており…。

邦題(72時間)の意味が解らんオランダ映画。
でも作品の出来はヨロシイ。
ハリウッドリメイクも決定しとるらしい。

サスペンス★★★☆☆






きのう「天国の日々」も観た。

c0066553_2122213.jpg
Amazon.co.jp
物語は、20世紀初頭のシカゴの鉄鋼所から始まる。そこで働いていたリチャード・ギアは過ってひとりの男を殺害してしまい、恋人(ブルック・アダムズ)と妹(リンダ・マンズ)を連れて街を逃げ出し、テキサスの広大な麦畑へとやって来る。安息の場所となるはずだったが、裕福な農園主(サム・シェパード)が恋人のアダムズをみそめてしまったことから物語は一気に悲劇的な結末に向かって進んで行く。シェパードの余命はわずかで、その死後は遺産を相続することができるわかったアダムズは結婚を承諾する。しかし、シェパードが命拾いするとこの計画のすべてはギアの手に委ねられることになった。ロマンチックな三角関係を非の打ち所のないほど完璧な映像美で描いた本作だが、テレビの小さな画面ではその美しさがやや損なわれているように思える。もともと、70mm で上映され、多くの観客を魅了したこの時代劇は、撮影を担当したネストル・アルメンドロスに1978年のアカデミー撮影賞をもたらしたほどのものなのだから。画面全体のタッチや色使いといった構成要素が、役者たちの演じる登場人物と同じくらい重要な役割をこの悲劇で果たしている。映像がこれほどまでに見事だと、残念ながらストーリーの方はやや見劣りしてしまうかもしれない。(Rochelle O'Gorman, Amazon.com)

レビュー通り。
映像は素晴らしいと思うが、内容はふつう。

ドラマ★★★☆☆
[PR]

by ibulog | 2011-03-07 09:04 | うち食 | Comments(0)


<< 山梨名物「ほうとう」      帆立とベーコンのキッシュ >>