胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 13日

ジェノベーゼペースト 2011 その4

c0066553_2215314.jpg
とりあえず今回が今年最後の仕込み。

大分とうがたったので、葉の柔らかい部分を丁寧に剪定、
これで800g
いつもはこのくらい






今回のレシピ
c0066553_224482.jpg
【覚書】
バジル100gにつき
松の実(50g) ニンニク(1/2片) 塩(小匙1/2弱)
粗挽き胡椒(適量)パルミジャーノ・レッジャーノ(50g)
EXバージン・オリーブオイル75cc


松の実とパルミジャーノ・レッジャーノが今までの約2倍。






瓶詰めして出来上がり
c0066553_2212198.jpg
今回は僅かにコレだけ。








リングイネのジェノベーゼ
c0066553_229347.jpg
【覚書】
麺140g(二人分)に対し、
ジェノベーゼペースト(大匙3)を、
茹で汁(大匙3)で滑らかに溶きのばし、
茹で上がった麺と野菜の水気を良く切ってソースと和える。
松の実を散らして出来上がり。

ソースを和えるフライパンは、
食材が冷めないよう温める程度。


いつもながらリングイネは色が悪い。
が、ジェノベーゼペーストは
いつもに増してナッティ&チーズフル(←って言うのか?w)






トマトのオムレツ
c0066553_10233539.jpg
刻んだバジルとパルミジャーノをトッピング。






きのうのお酒
c0066553_10242618.jpg
紅白箱ワイン。
[PR]

by ibulog | 2011-09-13 09:41 | ジェノバソース | Comments(0)


<< 鎌倉 高崎屋本店      天麩羅 >>