2011年 09月 17日

ピーマンと粗挽きウインナーの炒めもの

c0066553_21495790.jpg
ハバネロ入り。

オリーブ油で炒め、軽く塩胡椒。
器に盛り、タコソースを回しかけ出来上がり。

簡単手抜き料理、1






冷や奴
c0066553_21515166.jpg
食べる辣油と浅葱。

簡単手抜き料理、2






冷や奴
c0066553_21533225.jpg
おろし生姜、浅葱、花かつお、醤油。

簡単手抜き料理、3






サラダ
c0066553_21552437.jpg
アボカドとカニカマ入り、ろここが作ったマヨドレで。






きのうのお酒
c0066553_21563488.jpg
黒伊佐錦と黒薩摩白波のロック。








きのう「砂の器」を観た。

c0066553_19554488.jpg
Amazon.co.jp
ひとりの老人(緒形拳)が何者かに殺害され、ふたりの刑事(丹波哲郎、森田健作)が事件を担当し、日本中をかけめぐる。やがて、その事件の影に若き天才作曲家・和賀英良(加藤剛)の存在が浮かび上がっていく。そして和賀は、交響曲『宿命』を作曲し、自らの指揮・ピアノ演奏でそれを披露しようとしていた…。
松本清張の同名ミステリ小説を原作に、松竹の巨匠・野村芳太郎監督が壮大なスケールで映画化したヒューマン社会派サスペンス巨編。ドラマの後半は交響曲『宿命』と日本の四季折々の風景をバックに、事件の謎解きとともに、父と子の逃れられない宿命の絆が浮き彫りにされていき、これでもかと言わんばかりに観客の涙腺を刺激する。
豪華キャストもそれぞれ柄に合った好演をみせてくれているが、特に丹波哲郎の貫禄に満ちた名演は忘れ難い。日本映画が、日本映画だからこそなしえた、日本映画ならではの奇跡のような大傑作。(的田也寸志)


30年以上ぶりに観賞。
殆ど記憶に無いなか、ラスト30分は記憶に残っていた。

音楽が好みじゃない...
[PR]

by ibulog | 2011-09-17 09:05 | うち食 | Comments(2)
Commented by ツレ at 2011-09-17 12:45 x
あぁ、砂の器。。
ワタシも観たけど内容は覚えてないなぁ。
観て見ようかなぁ。
でで、この流れで同じ橋本忍 脚本:監督の「幻の湖」
を是非是非観てみてください!
Commented by ろこお at 2011-09-17 15:01 x
ツレさん こんにちは
「幻の湖」>未見です。
ググってみたら危ないニオイがプンプンですな、
観てみよう(笑)

「砂の器」は時代背景がギリ解るだけに辛い場面もあります。
観なおされたらいかがでしょう♪


<< スパゲッティーニ      CAPEL VALE >>