胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 06日

水栽培 一週間後

c0066553_151962.jpg
どこまで伸びるんダ?






レンコンつくね焼き(ケバブふう)
c0066553_22155276.jpg
カレー味。バターで焼いたので風味が良い。






ポテサラ
c0066553_22173014.jpg
ベーコンをカリカリに炒め、油ごとぶち込む。
カロリーなんか気にしないもんね。






きのうのお酒
c0066553_22185454.jpg
箱ワイン(フランジア)の赤と白。








きのう観た映画

「ウィンターズ・ボーン」

c0066553_14481556.jpg
Amazon.co.jp
ミズーリ州南部オザーク山脈の村に住む少女リーは17歳にして一家の大黒柱として、心の病んだ母親の代わりに幼い弟と妹の世話をし、その日暮らしの生活を何とか切り盛りしていた。ある日、地元の保安官から衝撃的な事実を突きつけられる。とうの昔に家を出て逮捕されていた父親が、自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。もしこのまま裁判に出廷しなかったら、リーたちの家は没収されるのだという。やむなくリーは、たった一人で父親探しに乗り出すが、ならず者だらけの親族は全く協力してくれず、露骨な妨害工作さえ仕掛けてくる。“非情な掟”に縛られた村で真実を探り当てることは不可能に近い。果たしてリーは父親を見つけ出し、家族を守ることができるのだろうかー。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
失踪した父親を捜す17歳の少女が、残された家族を守るため過酷な現実に立ち向かう姿を描く人間ドラマ。ミズーリ州南部・オザーク山脈の村に住むリーは、心を病んだ母親に代わり、幼い弟と妹の世話をしながら一家を支えていたが…。


主演のジェニファー・ローレンスが特に素晴らしいが
脇を固める役者さんもみな素晴らしい。

ひさびさ心が打ち震えた。
[PR]

by ibulog | 2012-04-06 08:37 | うち食 | Comments(0)


<< カリフラワーとブロッコリーの生...      毎週鶏唐 >>