胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 16日

週1唐揚げ

c0066553_011671.jpg
にんにく生姜醤油+赤酒(全て同量)に漬け込み揚げた。







c0066553_013278.jpg
保温鍋で沸騰後1時間放置、
栗に茹ですぎナシ。






きのうのお酒
c0066553_23541335.jpg
さつま木挽のロック。








きのう観た映画

「シービスケット」

c0066553_23573100.jpg
Amazonレビュー
1930年代、不況の真っただ中のアメリカで、1頭のサラブレッドの活躍が国民に勇気を与える─。実話をもとにした感動のドラマ。騎手ジョニーが乗る「シービスケット」は、西海岸での競馬レースで連勝。しかし、東海岸の王者からの挑戦を受け、レースを目前に控えたとき、ジョニーが半身不随の重傷を負ってしまう。
騎手の目線でとらえたレースや、暴れ馬を臨場感たっぷりにとらえた場面など映像の迫力に圧倒される。すっきりと痩せたトビー・マグワイアが演じる主人公の騎手に、馬のオーナー、調教師、そして馬自身も含め、主要なキャラはみな一度、挫折し、そこから第2のチャンスにかける。その構図に素直に感動できるのも、演じる俳優たちが(もちろん馬も!)名演技を見せるから。1930年代を再現したファッションや美術も見どころで、小道具を使ってユーモラスにレースを実況するアナウンサーなどのサイドストーリーも楽しめる。馬の走る姿が、人間のアドレナリンを上昇させる理由が、本作を観ると分かる気がする。(斉藤博昭)

動物と人間との触れ合いの描き方に共感が持てる。
[PR]

by ibulog | 2013-10-16 09:20 | 揚げもん | Comments(0)


<< がめ煮      月見台でBBQ >>