2014年 03月 08日

そらまめ

c0066553_2222829.jpg
今年初物。
五郎八の濁り酒と。






カボチャのサラダ
c0066553_2241968.jpg
ろここが作った茹で玉子入り。








きのう観た映画

「ハートの問題」

c0066553_13203852.jpg
Amazon.co.jp
アルベルトは売れっ子脚本家。ある晩、心臓に違和感を受け、救急救命治療室で、重い心臓発作を起こしたアンジェロと同室になる。アルベルトはクレイジーでやかましいお喋りだが、人間関係をうまく作れず、一匹狼だ。彼はじっと黙っていられず、アンジェロの症状にお構いなく話しかける。アンジェロは、貧しい環境から努力した自動車修理工場の若き経営者で、二人の子供と三人目を妊娠中の妻ロッサーナがいて、病室には母親も見舞いに訪れ、楽しそうだ。アルベルトの相手をするうちに、アンジェロはペースに巻き込まれていく。
何から何まで対照的な二人だったが、退院後に再会して、お互いが必要だと実感する。自分を理解してくれる世界で唯一の人物だと思うようになっていたのだ。アルベルトは脚本が書けなくなり、貯蓄もないため、途端にお金に困る。才能ひとつの世界は厳しい。その上、恋人のカルラにも去られてしまう。一人ぽっちになったアルベルトは、ローマ郊外にあるアンジェロの修理工場で暮らすようになる。そこには反抗期の二人の子供たちもいて、毎日が賑やかに過ぎていく。アルベルトは、思いもかけず気持ちが解放されていくのを感じていた。
アンジェロは自分の心臓が決して良くはならないだろう、と感じていたが、ロッサーナやアルベルトにさえ言わないでいた。そして、全てをアルベルトに託そうと思うようになっていった・・・。

久しぶりに良く出来たドラマを観た。
イタリア映画なのにうるさくないのもイイ。
[PR]

by ibulog | 2014-03-08 09:15 | うち食 | Comments(0)


<< チーズフォンデュ      一銭洋食 >>