2006年 04月 05日

豆腐バター

c0066553_7345960.jpg
約30年ほど前、飲み屋(スナック)で大流行したサイド・ディッシュです。
今回はそれをチョイとアップ・グレードして作りました。

■作り方

 木綿豆腐(一丁)を4等分にスライスし、布巾(キッチンペーパー等)でくるみ
 重しをかけ水切りしておく。
 (昔は水切りしてなく、豆腐が柔らかかった)

 鉄板に無塩バターとサラダ油を小匙1~2杯ずつしき、好みでタカノツメを入れ
 よく熱したら豆腐を中火の弱火で焦げ目が付くまで焼く。
 (目玉焼きや野菜を添えて変化をつけ、蒸し焼きした時代もあった)

 焼きあがったら鰹節、青葱を散らしできあがり。
 直前に醤油を回しかけ、いただく。
 この時に焼けた鉄板にも醤油をかけ、焦がした風味を上げるのがコツ。
 (練りウニを酒でのばしたソースをかけて、高価な店もあった)

以上、飲み屋で豆腐バターを5年間作り続けたろこおがお届けしました。
[PR]

by ibulog | 2006-04-05 07:54 | うち食 | Comments(6)
Commented by hal's dad at 2006-04-05 09:27 x
ろこおさん おはようございます
豆腐バター、貧乏学生食堂の「豆腐のバタ焼き」とは違う、大人風ですね。
>練りウニを酒でのばしたソースをかけて
うーん。美味そう。やってみたい。
先月の忙しさがようやく過ぎて少しゆっくりのペースになりそうです。今晩は例の奴を作ります。(ふふふ)
Commented by ニコまま at 2006-04-05 10:13 x
おいしそうですねー♪
ぜひまねをしたいと思うのですが
で、ちと質問です
鉄板の上で豆腐はひっくり返したりするんでしょうか?
難しそうです。。豆腐ターンオーバー。。。

今ターンオーバーをぐぐってみたら
「肌の新陳代謝」「角質ケア」などのHPばかりが出てきました
Commented by ろこお at 2006-04-05 11:37 x
hal's dadさん こんにちは
練りウニのソースは、焼いた豆腐の上に大根おろしを乗せ、その上からかけて仕上げてました。(新宿のバイト先で)
普通の豆腐バターが当時500円、ウニソースは1200円。ぼったくりです(笑)
お仕事、お疲れ様でした。例のヤツってアレですか?
だとしたらウチは金曜日に仕上げる予定ですよ。
Commented by ろこお at 2006-04-05 11:45 x
ニコままさん こんにちは
豆腐はもちろんターンオーバーします。シッカリした木綿豆腐をシッカリ水切りしますので意外と簡単にひっくり返せますよ。
昨夜は写真撮影のため失敗は許されないので(笑)、専用のターナーとお箸を使いひっくり返しました。
水切りしないユルユル豆腐を焼き上げ、スプーンで食べるのも捨てがたいす。この時は黄身が半熟の目玉焼きを添えなくてはなりません(キッパリ)
Commented by hal's dad at 2006-04-05 12:37 x
例のやつは作ってあるんです。今晩は、ろこおさんのリベンジですよ。
Commented by ろこお at 2006-04-05 13:24 x
あ~、アレですね
そら是非とも仇討ち宜しくお願いします!


<< 鶏モモ肉とえんどう豆のコンソメ...      お花見弁当     ろここ記 >>