胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 20日

とまと

c0066553_881730.jpg
バルタン盛り。

(Y)◎¥◎(Y)





蓮根きんぴら
c0066553_895633.jpg
つん盛り。





鶏モモの唐揚げ
c0066553_8105494.jpg
いつも薄力粉と片栗粉を1:1で混ぜて揚げていたが、
今回は半分(左側)を市販の唐揚げ粉で揚げてみた。

舌が変わって新鮮。







昨日「リバー・ランズ・スルー・イット」を観た。

c0066553_17385296.jpg
Amazon.co.jp
ブラッド・ピットの名が一躍、ハリウッドに飛びだすことになった作品だ。まだ若かった彼の、初々しくさわやかな笑顔も魅力だ。
牧師の家庭で厳格に育てられた兄弟。だが、エリート大学の大学院を卒業した生真面目な兄ノーマンと、自由奔放で天真爛漫な弟ポールとは、正反対の性格だ。成人してからは違う道を歩む2人だが、ポールはその無鉄砲な性格から賭けポーカーにはまり、危ない道に入りこむ。

モンタナの雄大な自然をバックに、父親に習ったフライフィッシングをとおして成長し、人生を学んでいくさまが描かれている。自然の完璧なまでの芸術性の前で、人が美しく生きるとはどういうことなのかを考えさせられる。モンタナの自然の美しさを存分に楽しめる作品でもある。森を流れる川のせせらぎや、水面に反射する日の光、言葉のつむぎ方など、全編をとおしてロバート・レッドフォード監督らしい詩的な感じが漂っている。(梅澤眞由美)


ブラッド・ピットを一躍世に知らしめた秀作!だそうな。
監督はロバート・レッドフォード。1992年公開。

人々の人生は様々で、楽しい事や悲しい事、苦しい事はある
が、そんな時の流れのなかで、川は変わらぬ姿で流れ続ける、
という物語。

雄大な自然を背景にしたヒューマンドラマ。よかったばい。
[PR]

by ibulog | 2007-09-20 09:06 | うち食 | Comments(2)
Commented by ブッピー at 2007-09-20 12:56 x
「リバー・ランズ・スルー・イット」いいですよね。
なんとな~くLDを購入したのがこの映画でした。 四国の川じゃあんなキャンスティングは出来ないようですが、かっこよくって、映像もきれいですよね。 
そして、文章は短く簡潔に!ですね。

ところで、先日はご連絡いただきありがとうございました!
Commented by ろこお at 2007-09-20 20:22 x
ブッピーさん こんにちは
>文章は短く簡潔に!
 ↑じつはボクもこのシーンは鮮烈に焼きつきましたよ
ずーっと話が進むうちに思い出したんですが、この映画
ムカシ1度観てました(笑)
最近ど~も壊れてきたごとあります

PS.れいの件メール致しました、ヨロシク


<< カボチャの塩茹で      湯豆腐 >>