2007年 10月 06日

焼き鳥

c0066553_2372013.jpg
そんなに深い意味はないけど
最近串打ちは控えている。

キャベツは どんだけ〜 って言うくらい。

もちろん うまたれ。





焼き茄子
c0066553_2385344.jpg
ろここが
「あぃぃぃ〜」
と言いながら皮をむいてました。

ふっ、カワイイやつ…





栗の渋皮煮
c0066553_2392472.jpg

壱ママさん製。

芋焼酎と泡盛、
やはり甘味には泡盛が良く合う。

美味しいものを、ありがとうございました。







昨日「パヒューム(ドイツ映画)」を観ました。

c0066553_1710514.jpg
Amazon.co.jp
スコセッシ、スピルバーグら多くの巨匠が映画化を熱望したベストセラーを、『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァが監督。数キロ先の匂いも嗅ぎわけるという、類い希な才能を持った青年グルヌイユが、香水調合師となる。究極の香りを求める彼は、その“素”として女性の肉体にたどりつき、次々と殺人を犯していくのだった。18世紀のフランスを背景に、シリアルキラーの物語ながら、映画全体にはどこかファンタジックな香りが立ちこめる異色作に仕上がっている。
グルヌイユが産み落とされる魚市場、一面の花畑と、誰もが感じるものから、「濡れたカエルの手の匂い」など不可解なものまで、その場の匂いが漂ってくるような映像が必見。女性の死体から香りを採取するために使われるマニアックな道具も見どころだ。これまでも映像と音楽の関係にこだわってきたティクヴァ監督は、クライマックスの大群衆シーンでその才能を発揮し、観る者の度肝を抜く世界を展開していく。匂いにとりつかれたキワモノ的主人公に、いつしか共感を誘われてしまうのだから、この映画、ただものではない。(斉藤博昭)


うーん… 


以上(笑)
[PR]

by ibulog | 2007-10-06 09:18 | うち食 | Comments(2)
Commented by 壱ママ at 2007-10-07 23:56 x
フムフム、泡盛とよく合うんですね
哲の卒乳を待って来年?再来年辺り大人食いしてみます。
それまでは濃い緑茶で我慢

容器の返却が遅くなってすみませんでした。

Commented by ろこお at 2007-10-09 10:40 x
壱ママさん おはようございます
今年も美味しいものをありがとうございました。
容器なんかよかったのに、

僭越ながら、今年の方が良く出来とるごと思いましたよ~
来年も宜しくお願いします(笑)


<< たろちゃん饅頭      栗の渋皮煮 >>