胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 11日

春巻きコロッケ

c0066553_21553693.jpg
チーズカリカリとセロリスティックを追加、
ケチャップソースでイきました。





シイタケと下仁田ネギ
c0066553_2157288.jpg
しっとりとしたシイタケ、
ずっしりとした下仁田ネギ、
焼いて塩やうまたれでイきました。







昨日「ブロックパーティー」を観た。

c0066553_15212329.jpg
Amazon.co.jp
ドキュメンタリーにしろ、そうでないにしろ、デイヴ・シャペルが企画した『Block Party』ほど抜け感を捉えた映画は他にない。シャペルのショー「コメディ・セントラル」は大人気となり世間の注目を浴びて、どうやら彼は精神的にまいってしまいアフリカへ逃げ出したが、あの後、初となる企画だ。シャペルの目にはまだ疲れが伺えるものの、多大な期待を寄せられていない企画を立ちあげる気楽さのほうが、余計に見て取れるはずだ。自腹を切って予算を出し、参加無料にして、シャペルはブルックリンで秘密のコンサート会場を準備。出演アーティストはスター揃いだ。エリカ・バドゥ、カニエ・ウェスト、モス・デフ、ジル・スコット、コモン、ザ・ルーツ、デッド・プレズ、そして再結成したフージーズらで、それぞれが迫力のパフォーマンスを見せる。だが『ブロック・パーティー』はコンサートの模様を捉えているだけではない。映画の少なくとも1/3で、シャペルはブルックリンや自分の住むオハイオ近隣を歩き回り、出会う人々とコミュニケーションを取り、多くの人に無料の招待チケットを手渡す。このシーンがリハーサルをやり、コンサート前に気楽にしゃべっているアーティストたちの記録と相まって、シャペルは日々の生活をほんの少し広げてみただけだという感覚を与えている。たった1人を相手にふざけることも、数万人を前にふざけることでも、同じように楽しんでいる感覚だ。このイベントをまとめることが独特のセルフ・ポートレイトとなっており、見る側はシャペルの復活を体験できる。このコンサートの活気とシャペルのゆるいコミカルなジャズに身を委ねることができたら、あなたも復活を実感するだろう。(Bret Fetzer, Amazon.com)


これは音楽ブログの方で書こうかと思ったが、
こっちのブログの方が圧倒的にカウントが多いのでw

R&B、ヒップホップに興味がある方は是非♪ 
デイヴ・シャペルほか、出演者が最高。
[PR]

by ibulog | 2007-12-11 09:33 | 揚げもん | Comments(0)


<< また おでん      子持ちカレイの煮付け >>