胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 01日

チキンとガルバンゾ(ひよこまめ)のカレー

c0066553_92221.jpg
カレーを作りナンを焼く。
カレーはろここに手直しされ、
ナンは膨らまない。

ろここの作ったサラダは美味しかった。


チョッといじける



今日の花粉
c0066553_903338.gif
今日のハウスダスト
c0066553_911548.gif





昨日「ガープの世界」を観た。

c0066553_13244151.jpg
内容紹介
生まれ落ちたその場所が、不思議なこの世の始まり。ガープの世界は、あなたの世界。

子供は欲しい、でも結婚はしたくない。そう考えた看護婦が第二次大戦中、病院での瀕死の軍曹から"一方的に"精液をもらい受ける。こうして生を受けたのが、ガープ。レスリングに夢中になり、恋に悩み、そして小説を書く。悲劇と喜劇がかわるがわるやってきて、ちょっと変わった人たちに囲まれた彼の数奇な運命の物語。原作はジョン・アービングの半自伝的ベストセラー小説。映画化は不可能と言われていた傑作を、「明日に向かって撃て!」の名匠ジョージ・ロイ・ヒル監督が見事に描き上げた。

映像特典…オリジナル劇場予告編

第二次世界大戦中、男に支配されることを嫌う看護婦のジェニーは、名も知れぬ瀕死の兵士の腰にまたがって、私生児ガープを生んだ。やがて時が経ち、母と息子はニューヨークへ出る。ガープは小説家として活躍し、ジェニーはウーマンリブ運動の指導者にまつりあげられていく。
ジョン・アーヴィングの原作を、名匠ジョージ・ロイ・ヒル監督が巧みに映画化したヒューマンドラマである。戦後を生き抜く母と子の姿を通して、皮肉をちりばめながら、さまざまな社会的世相を描いていく。シニカルな内容の連続ながら、あくまでさわやかな描写に徹しきることで、人間賛歌を醸しだした。母役のグレン・クローズ、そしてガープ役のロビン・ウィリアムスの出世作ともなった秀作である。(的田也寸志)
-Amazon.co.jpより-

面白かった、65点(笑)


コレはあくまでもワタクシ個人の好み、主観であり、
他の方のレビューと比較するものではありません。

00〜30  ブログに書かない
30〜40  時々眠気を誘う
40〜50  まあまあ
50〜60  おもしろい
60〜70  ふつーにおもしろい
70〜80  ちょーおもしろい
80〜90  アレして保存する
90〜99  アレして保存し、知人にも押し付ける
100     失神する

[PR]

by ibulog | 2008-02-01 09:38 | エスニックふう | Comments(4)
Commented by だこた at 2008-02-01 10:18 x
I'm flying,I'm flying.
ここで、いつも涙が・・・

出来ればアレして保存したい一本です。(所見)
Commented by ろこお at 2008-02-01 16:36 x
だこちゃん こんにちわんこ、HANAちゃん元気?大きくなった?

映画って、おのおのツボがあってオモロイですね~
ボクはアレがちょん切れるシーンが痛くて引いてしまいました(笑)
Commented by だこた at 2008-02-01 18:10 x
>こんにちわんこ、HANAちゃん元気?大きくなった?

わんばんこ!
HANAは大きくなりません。
奇声こそ発しませんが、トイレシーツは定期的に壊します。。。ブリキの太鼓(?)
もうビビちゃんの方が大きいかも。
でも、とても元気。

Commented by ろこお at 2008-02-01 19:34 x
だこちゃん こんばんわんこ
ブリキの太鼓、公開直後観ましたよ、よう解らんやったですが
いま観たら解る気がします。

ところでHANAもビビも悪さしてるんですね、でも元気が一番!
誤飲事故だけは気をつけてくださいね〜


<< ハンバーグ・セット      舞茸のマヨチーズ焼き >>