胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 29日

鰯チクワの磯辺揚げとフライドポテト

c0066553_0141235.jpg
揚げ衣に青海苔をちからいっぱい混ぜ込んで。





カボチャの塩茹で
c0066553_0172333.jpg
シンプルで美味しい。





ふき煮
c0066553_0192163.jpg
あっさりで美味しい。





辛子明太子
c0066553_0201167.jpg
博多の定番



今日の花粉
c0066553_8592074.gif

今日のハウスダストc0066553_7593615.gif





昨日「真実の行方」を観た。

c0066553_13322643.jpg
少しでもネタバレが嫌な人は読まないこと
Amazon.co.jp
シカゴの大司教が、78カ所の傷を負って殺害された猟奇事件で、敏腕弁護士のマーティン・ベイルは、名声を得たいがために、その容疑者である19歳の少年アーロンの弁護を無償で引き受け、元恋人のジャネット検事と対決することになる。しかし、大司教を敬愛し、殺害時の記憶を失っているアーロンの、その記憶の糸をたぐり寄せていったとき、そこには恐るべき真実が…。
全米で130万部のベストセラーとなったウィリアム・ディテールの小説をもとにした法廷サスペンス映画。リチャード・ギアが、その甘いマスクを逆手にとっての偽善的弁護士を熱演している。また、容疑者アーロンには後に『ファイト・クラブ』主演のエドワード・ノートンが扮しており、彼の出世作ともなった。(的田也寸志)

途中で先が読めたが気にしない気にしない(笑)
とても面白い脚本だし、キャスティングも良かった。

驚愕のラストが待っています。キャー、怖い!
[PR]

by ibulog | 2008-03-29 09:15 | 揚げもん | Comments(0)


<< 一銭洋食ふう      喜多屋 本醸造/山廃仕込  >>