胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

鶏モモのピカタ

c0066553_6502124.jpg

ろここにピカタを作ってもらった。

まず皮を丁寧に取り除いて筋切りをし、
厚さを出来るだけ均等にする。
塩コショウで下味を付け、全粒粉(小麦粉が無かった)を
叩き、粉チーズを溶かした卵液にくぐらせじっくり焼く。
ケチャップとトマトピューレでソースを作り完成。

ふわふわばい





鶏皮の塩焼き
c0066553_6561184.jpg
ピカタの鶏モモを掃除して出た皮を焼く。

かりかりばい





タケノコとフキの炊き合わせ
c0066553_6581473.jpg
まだまだ飽きずにタケノコ。







昨日「リトル・チルドレン」を観た。

c0066553_1732151.jpg
少しでもネタバレが嫌な人は読まないこと
Amazon.co.jp
とある郊外の住宅街。主婦のサラは幼い子を連れ、ママ友だちと公園で過ごす日々。不自由ない生活だけど、退屈しきっていた彼女は、公園で司法試験を目指す主夫のブラッドを出会う。完璧な妻に支配されていた彼は、サラと急接近し、秘密の関係に…。一方、元受刑者のロニーが釈放され、街は騒ぎになる。彼はあらゆる場所で気味悪がられていた。そんなロニーに嫌がらせをする元警官のラリーだったが、彼にも秘密があり…。
表向きは普通に見えても、人は誰でも一皮むくとそれぞれ秘密を抱えている。大人になりきれない者たちは、その秘密の気持ちを抑えることができない。そんな人々を描いたのは『イン・ザ・ベッドルーム』のトッド・フィールド監督。人間の滑稽さを描きながらも、どこか怖さもある本作。その根底にあるのは「もしかしてアナタも…」という人ごとじゃないメッセージだ。大人の寓話のような作りだが、時折はさまれるリアルな瞬間に胸を突き動かされ、苦笑してしまう。まさに心を揺さぶる人間ドラマ。ヌードも持さない体当たり演技を見せたケイト・ウインスレットはアカデミー主演女優賞候補に。そして元受刑者のロニーを不気味に演じたジャッキー・アール・ヘイリーはアカデミー助演男優賞候補になった。家族関係、人間関係にメスを入れたフィールド監督、その厳しさ、鋭さには脱帽だ。


観終わってスッキリしない映画のひとつ。
でも最後まで目が離せないのは、テンポの良さと
話のどこかに共感出来るからだろうか。
[PR]

by ibulog | 2008-04-30 08:58 | うち食 | Comments(0)


<< 丸岡の餃子      肉じゃが >>