胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 23日

蓮根の南蛮漬け

c0066553_21502966.jpg
ピリ辛甘酢。





ゴーヤチップス
c0066553_21521575.jpg
見ためよりシットリw





青椒肉絲ふう
c0066553_21532356.jpg
ろここが大振りのピーマン11個を
100円で買ってきたので4個使う。
この八百屋さん、ボクが行くと緊張感が走るのに
ろここが行くといつもオマケが付く。

上二品で片栗粉を使ったので、コレはとろみ無し。





もも
c0066553_21561794.jpg
口直しに。







昨日「ひかりのまち」を観た

c0066553_10544118.jpg
Amazon.co.jp
息子がいながら夜遊び好きのバツイチの姉と、夫が失踪してしまった妊婦の妹と共にロンドンに住む、伝言ダイヤルで恋人探しをするシングルのナディア。彼女たちはそれぞれ心を打ち明けあいながら、愛を求めて生きていく。
なに気ない日常のなかで、細々とした問題に悩み、寂しさを感じたりしながらも、都会で懸命に生きる女性たちの姿には、おおいに共感できる。マイケル・ウインターボトム監督は、平凡な日々、つまらない毎日でも、幸せな瞬間は誰にでも必ずやってくると、三姉妹を通して見る者を勇気づけてくれる。ロンドンの街をイキイキと活写した映像、三姉妹をやさしく包むマイケル・ナイマンの心踊る音楽など、細部にわたって丁寧に作られた、気持ちのいい英国映画だ。(斎藤香)

昨日に引き続き、いわゆる「単館ムービー/ミニシアター」モノ。

派手さはないが、じんわりと心に染みるカンジが何ともいえない。
このテの映像、音楽は肌に馴染む。
[PR]

by ibulog | 2008-08-23 07:46 | うち食 | Comments(2)
Commented by 連れ合い at 2008-08-26 16:11 x
>この八百屋さん、ボクが行くと緊張感が走るのに
>ろここが行くといつもオマケが付く。
ちょっと笑っちゃいましたw
Commented by ろこお at 2008-08-26 18:46 x
連れ合いさんに笑ってもらうと励みになります。
たとえソレが「ちょっと」でも(笑)


<< ささ身の紫蘇巻き、バジル巻き      花火 >>