胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 28日

四角豆の天ぷら(画像左上)

c0066553_22371939.jpg
今朝お客さまから差し入れしてもらった
初体験の「四角豆」を天ぷらにする。
その他レンコンの天ぷらとシシトウの素揚げ。プチトマト付き。
粗塩や天つゆやウスターソースなどで。

風味は弱いが、シャキっとした食感がおもしろい。






マサヒロ(男前豆腐店)
c0066553_22401369.jpg
地元定番の薬味、生姜と青葱と鰹節(画像手前)。
画像奥は粗塩、ゴマ油、辣油、すりゴマ。






ゴーヤチップス
c0066553_2243112.jpg
片栗粉を軽く叩き、低温でジックリと揚げた。

サクサクだがゴーヤの風味に欠ける。
食感勝負w


芋焼酎はKAN-KYOHご夫妻に差し入れ頂いた「薩摩宝山」。
美味しいものをありがとうございました。








昨日「バンテージ・ポイント」を観た。

c0066553_1029232.jpg
Amazon.co.jp
アメリカ大統領が狙撃される! その題材だけでもショッキングなのだが、本作は、現場に居合わせた人々の違った視線で描かれ、真相が明らかになる作りが見どころになっている。ひとつのパターンが終わると、狙撃前に時間が巻き戻り、別の人のパターンと、計6回、狙撃の前後が繰り返されるのだ。複数の視線で事件を描くのは、黒澤明監督の『羅生門』や、『ユージュアル・サスペクツ』などが有名だが、本作の6パターンは時間も正確に刻まれ、映画が進むにつれ、驚くべき事実が少しずつ、薄皮が剥がれるように発覚する点が見事だ。
 テロ撲滅の演説をしていた米大統領が撃たれたのは、スペインのサマランカという都市にある広場。演説を中継するニュースのカメラ、事件を防げなかったシークレットサービス、テロリストらしきグループ、聴衆、現地の警官、さらに大統領本人と、「6パターン」の視線もバラエティ豊かで、とくに狙撃される大統領のパートは予断を許さない面白さだ。デニス・クエイド、シガーニー・ウィーヴァーらキャストにも実力派を揃え、各人物それぞれの心理に深く切り込んでいく。これだけ複雑な構造をとりながら、90分で収めた手腕も高く評価されるべきだろう。(斉藤博昭)


あっというまの90分。
最近の作品に多くみられる手法(ワンシーンを複数の視点から描写)
の作品で、とても面白かった。
このDVDを貸してくれた幼なじみが
「ある意味クドいばい」というのもよく解る(笑)

同じような手法で描かれた邦画「運命じゃない人」の秀逸さが
再確認出来た。(コレとは比べもんにならんくらい低予算と思われるがw)
[PR]

by ibulog | 2008-08-28 07:34 | 揚げもん | Comments(2)
Commented by mica at 2008-08-28 09:35 x
お。観ましたね。(^。^)

> 「ある意味クドいばい」
律儀に12:00の数秒前から、また巻き戻して
始めるところあたりは、かなりクドイかと。(笑

> 同じような手法
わたしは「木更津キャッツアイ」方式と思いましたw

お金のかけ方が、よーく分かるかけ方(?)で
観ていてキモチよかったです。(笑
『映画』は、こんくらいヤらなきゃ!って思いました。

最後まで息つく間もなくテンポよく
進める手腕は、たいしたもんだと思います。
アナちゃんが無事でヨカッタw
Commented by ろこお at 2008-08-28 13:29 x
micaさん こんにちは
観ましたよ観ましたよ観ましたよ~
昨日幼なじみのやってるカフェにコーヒー飲みに行ったら
「ほれっ」って貸してくれたんですよね。
ホントどんなDVDでも持ってる友人が居て大助かりです(笑)

「木更津キャッツアイ」は未見ですので解かりませんが、
「運命じゃない人」を是非試してみてください。
映画は金かけりゃいいってもんじゃないことが、よーくわかります。
こんくらいヤらなきゃ!って映画も勿論大好きですよw


<< 餃子(ピザふう)      鶏じゃが >>