2008年 08月 30日

四角豆を茹でる

c0066553_2224056.jpg
ろここの手作りマヨネーズで。
「レシピはまだまだ改良点があるので未公開」らしい。
  ↑
 同感。。。

四角豆、天ぷらの時には解らんやったが、けっこう苦い。






ジェノベーゼ/リングイネ
c0066553_22265196.jpg
パスタはもちろんアルデンテ。

じゃがいもはメイクイーンはダメ。男爵イモに限る。








昨日「キングダム/見えざる敵」を見た。

c0066553_10264774.jpg
Amazon.co.jp
9.11テロ以後のアメリカと中東の関係を見つめた作品は数多く生まれているが、本作の目新しさは、アメリカとサウジアラビアの関係を描いた点。「アメリカとは友好的な中東」という微妙な状況が、世界の現実を映し出す。サウジの首都リヤドの外国人居住区で自爆テロが発生。死者100人以上という大惨事に発展する。現地のFBI捜査官も犠牲になったことから、同僚ら4人のFBIスペシャリストがサウジへ急行。わずか5日という捜査期間で、テロの首謀者を捕らえようとする。
 全編、手持ちカメラによる臨場感満点の映像なのだが、カメラの揺れが過剰気味のため、大画面では頭がクラクラするだろう。しかし、冒頭の自爆テロに始まり、カーアクション、銃撃戦シーンは、凡庸なアクション大作が束になってもかなわないくらいのリアルな迫力。当然のごとくテロに対するアメリカの姿勢が色濃く出ており、ジェイミー・フォックス、クリス・クーパーとオスカー俳優を揃えたFBI捜査官のヒロイズムも感じられるが、アメリカとサウジの関係を最も具現化するのは、現地の警官だ。彼の言動や運命が、観る者の心に大きく訴えてくるのは作り手の狙いか。すべてが集約されたラストのセリフには、背筋が凍ってしまう。(斉藤博昭)


ジェニファー・ガーナーの格闘シーンを見て「キル・ビル」を思い出す。
ホントにありそな話で怖い映画だった。
[PR]

by ibulog | 2008-08-30 08:07 | うち食 | Comments(4)
Commented by hal's dad at 2008-08-30 10:10 x
>マヨネーズ
ごくろーさん。
>ジェノベーゼ/リングイネ
今日のはちと、茶色いような。。。

Commented by ろこお at 2008-08-30 11:26 x
dadさん  おはよーございます
>今日のはちと、茶色いような。。。
 ↑ (( ゜C_゜;))ェ…鋭い
実は表面の色がわりぃトコを削って使ったんですよ
そのおかげで残りはキレイな色してます。 うふ
Commented by チャブスママ at 2008-08-30 11:27 x
>じゃがいもはメイクイーンはダメ。男爵イモに限る。
↑未だに、どーしても、「メンクイーン」と読んでしまいます。ナゼダ?
Commented by ろこお at 2008-08-30 13:16 x
チヤブスママさん こんにちは
>メイクイーン
 ↑「メークイン」が正しいようです。スンマセン。
>メンクイーン
 ↑こりゃジャガイモとは思えんですね(笑)


<< 川中島白桃(ふくしま産)      餃子(ピザふう) >>