胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 10日

焼いたもの

c0066553_22324180.jpg
ししとう、かぼちゃ、しいたけ、あつあげ。
うまたれ、塩で。






厚揚げ
c0066553_2234962.jpg
これも焼いて。
ねぎ、しょうが、はなかつお、醤油。






だし巻き玉子
c0066553_2236643.jpg
卵3個にダシ60cc。

結局全部焼いたんだな、昨日は。








昨日「セルラー」を観た。

c0066553_20104125.jpg
Amazon.co.jp
最近のアクションやサスペンス映画は、斬新なものを狙って、展開に凝りすぎるあまり、物語が破綻したり、スッキリ感が少なかったりする。その不満を解消してくれるのが本作。キム・ベイシンガー演じる高校の科学教師ジェシカが何者かに誘拐され、監禁された部屋にあった壊れかけの電話機で外部との接触を試みる。唯一、つながったのが若者ライアンの携帯電話。初めはイタズラ電話だと思っていた彼も、ジェシカの危機に気づき、監禁場所を探し始める。
命綱が見知らぬ相手のケータイだけという設定で、状況を好転、あるいは悪化させる脚本が見事。バッテリー切れや圏外、混線など、身近なケータイ機能が事件を左右するという点も面白い。そこに、軽い性格のライアンが正義の男へと変身していく様子や、ジェシカの科学知識が生きる反撃が絶妙に絡み、全編、緩みや無駄が一切感じられない。事件を知る警察の動きもサイドストーリーとしてうまく機能している。映画本来が与えるスリルや緊迫感の神髄を、本作は改めて教えてくれるはずだ。(斉藤博昭)


幼なじみが貸してくれた久しぶりのサスペンス。

テンポ、ノリがいい。
なにより90分できっちり収められてるのがいい。
エロけを抑えたキム・ベイジンガーもヨカッタ(笑)
[PR]

by ibulog | 2008-09-10 07:40 | うち食 | Comments(0)


<< カツ      朝ごはん >>