胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 11日

鶏胸肉の塩焼き

c0066553_21591758.jpg
キャベツの角切りを敷き、一味、擦り胡麻、うまたれ。
その上に塩コショーをしてスキレットで焼いた鶏モモを
切り分けて載せた。 焼きネギ付き。

山椒塩、柚子胡椒などで。






里芋の煮転がし
c0066553_223325.jpg
作らせていただきました。






マルゲリットマリーラ
c0066553_2243268.jpg
ふくしまから届いた洋梨、初めて食べた。
ラフランスとはまた違った味わい♪


美味しいものをありがとうございました。








昨日「フェノミナン」を観た。

c0066553_171378.jpg
Amazon.co.jp
誰からも愛されていた平凡な男ジョージ(ジョン・トラヴォルタ)は、37歳の誕生日を迎えた夜、謎の白い閃光を目撃してから人生が一変。ものすごい知能の持ち主となって難問奇問を解決するようになるが、逆に友人たちは気味悪がって彼から離れてしまう…。
カリフォルニアののどかな田舎町を舞台に、突然天才になってしまった男の悲喜劇を描くファンタスティック・ヒューマン映画。白い閃光の正体や、主人公に起きた身の異変の真相など、後半は思いがけない展開へと突入していく。人好きのするハートフルな男をトラヴォルタが好演しており、ほとんど彼の魅力に負うところの大きい作品でもある。監督は『クール・ランニング』などのジョン・タートルトーブ。(的田也寸志)


イタい映画が続いたので、ネットでファンタジー映画を
検索して借りてきた。J・トラボルタも好きな役者だし。

E・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」が泣かせる。
[PR]

by ibulog | 2008-10-11 07:37 | ダッチオーブン | Comments(4)
Commented by ハニーJ at 2008-10-11 12:56 x
>E・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」が泣かせる。

おっしゃる通りです。
トラボルタがこういう役をやるのってちょっといいですね。
あ、そういえばタバコ吸ったり、悪ぶったりする天使役の映画もあったっけ。
やっぱピッタリなのは「パルプ・フィクション」でしょね。
Commented by ろこお at 2008-10-11 17:58 x
ハニーJさん こんばんは
>そういえばタバコ吸ったり、悪ぶったりする天使役の映画
 ↑ボクもコレが観たくて探しましたが、どこもビデオしかなくて。
10インチのテレビデオがあるのでコレで観ようかな。

パルプフィクションは文句無し!ですね。
Commented by セイ at 2008-10-12 02:05 x
>E・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」が泣かせる。
お、
どぉして、わたしが最近これを毎日聴いているって
わかっちゃったんだろーーー?不思議ーー。
って、そんなわけないですよねーー。 ( ̄◇ ̄)ゞ
Commented by ろこお at 2008-10-12 09:33 x
セイさん  ゞ( ̄∇ ̄;)ォィォィ

ボクは店で毎日「sunshine state」をながしてますよー
さわやかでヨロシ♪ アリガトネ


<< crisp'n lig...      高野豆腐 >>