胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 14日

水炊き

c0066553_2143627.jpg
骨無しの鶏肉で。
他に豆腐、白菜、大根、ブナピー、春菊。

ポン酢、スダチ、柚子胡椒、青唐辛子で。






昨日の朝ごはん
c0066553_21454169.jpg
一昨日ろここが揚げておいた かき揚げで 茶蕎麦。









昨日「ブレイブ・ワン」を観た。

c0066553_16583588.jpg
少しでもネタバレが嫌な人は読まないでね
Amazon.co.jp
愛する人が殺されたことで、主人公が復讐の鬼と化す物語は、映画でも数多く語られてきたが、本作の場合、主人公のエリカが、恐怖心から復讐者へと変わっていく過程が生々しい。NYのセントラルパークで暴漢に襲われ、婚約者が死亡。自らも重傷を負ったエリカが、護身用として不法に銃を携帯し、犯罪の現場に居合わせたときに犯人を撃ってしまう。映画が進むにつれ、エリカは孤高の英雄としてのアイデンティティーを見出すことになるのだ。
 このエリカ役は、下手をすると、まったく共感を呼ばないキャラクターだが、ジョディ・フォスターが演じたことで、観る者を惹きつけるパワーを持ち得た。エリカはラジオのパーソナリティという役どころ。自ら殺人を犯しながらも番組を続けるとき、その複雑な思いが込もったジョディの“声の演技”がすばらしい。ただジョディの演技をもってしても、エリカと、事件を追う刑事の絆が導くクライマックスは、賛否両論だろう。しかし、この前後、「神の目線」となる演出や、NYをどこか異国風にとらえた映像に、アイルランド出身のニール・ジョーダン監督らしい個性が光っている。(斉藤博昭)


久しぶりに、ジョディ・フォスターの主演作品を観た。
特別ファンでもないが、この人の映画は大体おもろい。

しかし最近の暴力シーンはイタい。。。 イタ過ぎる...
[PR]

by ibulog | 2008-10-14 07:31 | うち食 | Comments(4)
Commented by mica at 2008-10-14 15:55 x
> 最近の暴力シーンはイタい。。。 イタ過ぎる...

同感。。。。(−_−;)
いや。「実際」は、そういうものなのは分かっているけど。
「シーン」として挿入するか、コトバで説明してしまうかは
監督の演出方法なのだろうけど。。。。

以前、梶原一騎と離婚した白冰冰(パイ・ピンピン)の娘が
誘拐惨殺された時に、報道された内容に
しばらく落ち込んでしまいました(今でも思い出すことがある)、、、
Commented by プンバ at 2008-10-15 01:59 x
日本人には受け入れにくい映画かもね。
こういうシーンて日本でもあるのかな。
別の世界の話っぽい。
でも、フライトプランに比べてずっと夫思いの妻の役(笑)

オイラ意識もしてないのに
彼女の映画やたらと見ています。
最新作も見ちゃいました。(笑)

彼女らしくなくて良い映画ですよ。(含笑)
Commented by ろこお at 2008-10-15 09:34 x
micaさん おはよーございます
最近の映画はこういう「シーン」を「あえて」挿入する傾向
にあるような気がします。ムカシはもっとボカシて表現しても
説得力がある映画って多かったような…

白冰冰事件>いま当時の報道を読み返してもおぞましいです。
よくも思い出させてくれたな!(笑)
Commented by ろこお at 2008-10-15 09:40 x
プンバさん おはよーございます
>別の世界の話っぽい。
そう願いたいですよね。
「フライトプラン」はボクも観ましたよ、
面白かったです。

>彼女らしくなくて良い映画ですよ。(含笑)
 ↑おぉう、気になるぅ〜  含笑も(笑)


<< ジェノバソースを仕込む      あずきたっぷり >>