胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 22日

とり天とジャガイモの素揚げ

c0066553_23461013.jpg
カレー塩、ケチャップで。

鶏モモと鶏ムネをさばいて出た鶏皮は塩焼きに。






油アゲと すき昆布の炊き合わせ。
c0066553_23492756.jpg
岡本とうふ店の油揚アゲで。








昨日「あなたになら言える秘密のこと」を観た。


c0066553_164777.jpg
少しでもネタバレが嫌な人は読まないでね
Amazon.co.jp
誰にも言えない秘密を抱えたハンナは、海の海に浮かぶ、時が止まったような場所で、もう一度「生きる」と決めた-愛と再生の物語
自国の内紛に巻き込まれた心の傷を隠し、絶望し生きるハンナ(サラ・ポーリー)。辛い記憶が溢れぬよう、誰とも口をきかず、仕事→食事→刺繍作業→睡眠と、規則化した毎日を繰り返していた。そんなハンナに、会社は休暇をとるよう言い渡す。戸惑いを隠せないハンナは、偶然急募していた看護士の仕事を引き受け、海上に浮かぶ油田発掘所にいくことに。
海の孤島と化した閉ざされた建物には火傷で重症を追ったジョセフ(ティム・ロビンス)のほか、それぞれに秘密を抱えた人たちがいた。ここでも、一人心閉ざすハンナだったが、陽気な料理人サイモンのつくる料理を口にし、美味しいと感じたときから、何かが変わり始める。ハンナに会話を投げかけ続けるジョセフ。彼の言葉と心に触れ、ハンナは自分の中で今まで封印していた気持ちが湧き上がってくるのを感じていく・・・
大ヒット作「死ぬまでにしたい10のこと」で、死を目前にし今を生きることに希望を見出した女性を描き、共感と涙を誘ったイザベル・コイシェ監督が、再びサラ・ポーリー主演で取り組んだ「あなたになら言える秘密のこと」。過酷な秘密の傷を抱える女性が、生きる喜びを見出し再生する姿を繊細に描いた感動の物語。
どんな傷・過去を持っていても、人生には“生きることの喜び”=“スパイス”があることを教えてくれる“ライフ・スパイス”ムービー第2弾


観だして初っぱなは、なかなか入り込めなかったが、
話が進むにつれお酒もすすむくん。結構グッときた。
[PR]

by ibulog | 2008-10-22 02:23 | 揚げもん | Comments(2)
Commented by mica at 2008-10-22 13:37 x
あ。。。そろそろ、うちもトリ天、食べたいな。

で、そうそう。
最初、なかなか入り込めなくて。(^_^;);;;
ハンナが何考えてるか、まったく読めないし。
楽しむこと(楽しいこと)を封印してしまって、
りんご半分と、チキン(だったっけ?)しか
食べなかったハンナが、食べ残しの料理を一口食べて。
アイスクリームをむさぼるように、スプーンを口に
運ぶシーンから、一気に動き出しました。

きょうは、これから
「潜水服は蝶の夢を見る」で、グッと来る予定 w
Commented by ろこお at 2008-10-22 15:20 x
micaさん こんにちは
昨日のとり天、カラッと揚がらなかったんですよ(涙)
画像からも解るでしょ?

この映画は前回の「死ぬまでにしたい10のこと」より
独特な世界観がありましたよね。
昨日繰り返し2度みましたが、観るほどに深くなる映画
だと思いました。

>「潜水服は蝶の夢を見る」
これ前から観たかったんだけど、地元では見つかんない
んですよね〜 リクエストすると入荷されるらしいので
近々お願いしてみよっと。


<< 湯豆腐      ざる豆腐 >>