胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 22日

タコス     ろこお記

c0066553_12295710.jpg
20日の月曜日、急にお出かけの予定がなくなったので、ランチに自分ちでタコスを作りましたよ~
最近良く行く糸島のタコス屋さんにならってソフト・タコシェルを輸入食材店でゲット。サルサソースも一緒に買って来て、炒めた牛ミンチ、チリペッパーを加え若干アレンジ(激辛に)します。野菜はレタス、キャベツを千切りにし、赤玉ねぎはみじん切り、トマトはざく切りにしておきます。あとはあっためたタコシェルに用意した野菜とソースをのせ、スライスしたチェダーチーズをトッピングし、くるっと包んで出来上がり!
カップ・フォーも買って来てたのでビールと一緒に頂きました。「なんでタコスにベトナムのフォーなん?」ってお思いでしょうがコレが糸島スタイルなんですぅ!
ソフトシェルの方がハードに比べて俄然食べやすいし好みですね~
カップ・フォーは完全に失敗!(笑)
やっぱフォーは食べに行くに限るです。
[PR]

by ibulog | 2005-06-22 12:54 | エスニックふう | Comments(2)
2005年 06月 18日

さつま無双、揃いました     ろこお記

ウチのスタンダード・焼酎カンパニーになった感のある『さつま無双株式会社』から、特にお気に入りの4種が揃いました。もちろん未開封です。
c0066553_005664.jpg
左から順に
(1) もぐら(土竜) 芋
胃ぶろぐではすっかりお馴染みの事かと存じますが、おとこの芋焼酎ですね。いや、男前の芋焼酎と言った方が正しいです。まるまると太った黄金千貫を原料に、名水・七窪の自然湧き水を使用した無濾過造りは飲みごたえ十分!最近は入手がやや困難になりつつあります。

(2) あやかし福助 芋
最近人気が出てきた、ナチュラルでマイルドな芋焼酎です。
ロックはもちろんお湯割りするもよし、割り水して寝かせるもよし。
好きにシテッ!って福助が申しております。(笑)

(3) さそり(蠍) 麦
封印にも書いてありますが、麦でもガツン!ときます。
こんな麦を知ってしまうと他の麦はもう飲めない?

(4) 蕎麦和尚(そばおしょう) 蕎麦
封印には書いてありませんが、蕎麦でもガツン!ときます。(笑)この蕎麦を初めて飲んだときの衝撃は忘れられません。印象は薄れてきましたが(笑)
蕎麦焼酎の奥深さ、侘び、寂びの世界まで感じさせる逸品に、あらん限りの賛辞を贈りたいと思います。
[PR]

by ibulog | 2005-06-18 00:33 | のみもん | Comments(3)
2005年 06月 10日

暴露。       ろここ記

c0066553_13144280.jpg
↑は全部チョコです。ほとんどろこおの胃袋におさまる予定です。ろこおはこう見えて結構甘いもの好きで、コーヒーのお供またはウヰスキーのお供に食するので時々こうしてまとめて買ってきますが、私はどちらかというとチョコの摂取量は平均値を大きく下回るので私の胃袋に入るのは買った量の一割にも満たないくらいです。ちなみにLOOKチョコを買ったときは4種類の味があるので頑張って(?)食べますが、大体私が2粒食べている間にろこおが10粒食べてしまうのでせっかく4種類の味が楽しめるはずなのにいつも2種類しか味あわずに終了してしまってます。いつかは全種類制覇したいと思います。こんな話してますが↑今回LOOKチョコは買っていません。。。今回買った中では、、、アポロチョコはろこおにゆずれないかな…
[PR]

by ibulog | 2005-06-10 13:40 | 出来あい | Comments(8)
2005年 06月 01日

高級カップ麺『すみれ』     ろこお記

c0066553_2022832.jpg
世の好景気傾向に後押しされ、高級カップ麺と呼ばれるカテゴリー商品が売れているそうである。
以前このブログでも紹介した『焼豚ラーメン』の時にしっぽさんからもらったコメントで気になっていた『すみれ』を食べる日が、とうとうやって来た。
コンビニにて2種類の『すみれ』を購入、早速今日のお昼に試食する。
c0066553_20291025.jpg
ということで、まずはろここが買った小さいサイズから頂いてみました。
こちらは油揚げ麺で180円。お湯を投入してからの待ち時間は3分と指定されていますが、硬麺派の私どもはその半分、1分30秒で食べ始めます。
まずはスープ。一口含むなり「濃いっ!」。コッテリとんこつ味噌ですね~!麺は油の香りが残り、すぐに柔らかくなって『カップヌードル』となんら変わりありませんでした。判定、180円は高い!
c0066553_20385251.jpg
続いてワタクシが購入したどんぶりサイズの試食です。
こちらは具がレトルトパウチに入っていて、スープは粉末と液体の2部構成。しかも麺はノンフライです。待ち時間の指定は4分でしたが、2分後に食べ始めました。「硬っ!」。あと30秒待つことに。
再度試食、麺は太めのちぢれ麺で色は黄色っぽく艶もあり、喉ごしもイイ感じです。スープも前出の商品に比べると、単にこってりと濃いだけではなく、深みも感じました。具が歌い文句ほど無かったのが惜しまれますが、こちらの260円は納得せざるを得ませんでした。
結論、わが家は88円の『焼豚ラーメン』が好き!値段がですよ~
[PR]

by ibulog | 2005-06-01 20:49 | 出来あい | Comments(4)