胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

椎茸二夜     

c0066553_92704.jpg
一昨日いただいた椎茸、豆腐、ホウレンソウを
カツオ出汁で炊いてとろみをつけた。酒とよく合う。

冷凍保存した椎茸
[PR]

by ibulog | 2006-03-31 09:31 | うち食 | Comments(2)
2006年 03月 30日

産直

c0066553_9175178.jpg
最後に来られたお客様が
「昨日、大分の友達んちで採り過ぎたから」
と山のように椎茸をいただいた。

ありがたく焼く
「ひっくり返したらダメ!」と天の声が聞こえた。c0066553_920568.jpg
1個が手のひらサイズ 二人で5個が関の山だった。

残った椎茸
[PR]

by ibulog | 2006-03-30 09:33 | いただきもん | Comments(4)
2006年 03月 29日

くるみチップ

c0066553_952579.jpg
カシューナッツを燻してみた。ビールが美味い。

c0066553_974560.jpg
市販のブロックベーコン、ボロニアソーセージを燻してみた。
次の日の弁当にとても合いそうだ。
くるみのチップはこれまで試してみた桜、ナラに比べて
香りが最も軟らかく甘い。取説には〔オールマイティ〕とある。

c0066553_914420.jpg
舌を変えて春ゴボウの素揚げ。芋焼酎が美味い。

車の様子を見る
[PR]

by ibulog | 2006-03-29 09:46 | ダッチオーブン | Comments(4)
2006年 03月 28日

どぶろく 二夜

c0066553_919449.jpg
カツオのなまり節 と きゃらぶき

c0066553_9215979.jpg
新玉葱のスライス と イカゲソ天

二夜で一升瓶が空になってしまった…
もっとたしのんで飲めばよかったと後悔しきり
[PR]

by ibulog | 2006-03-28 09:29 | 出来あい | Comments(2)
2006年 03月 27日

グレープフルーツと魚介のサラダ

c0066553_9182276.jpg
■材料(2人前)
・グレープフルーツ(1個)、貝柱(大3個)、生ダコ(生イカでも可)、クレソン(3本)
■ドレッシング
・リンゴ酢(大匙2杯)、オリーブ油(大匙3杯)、荒引黒胡椒(少々)、塩(小匙1/4)
■作り方
・グレープフルーツの皮を型崩れしないよう丁寧にむき、大きさを揃える
・魚介類もスライスして大きさを揃える
・切った材料を30分ほど冷蔵庫で冷やしておく
・ドレッシングはボウルに少しずつ加えながら、泡だて器でシッカリ混ぜ合わせる
・器に材料を交互に並べて盛り付ける
・ドレッシングを回しかけ、クレソンを散らせば出来上がり

今回グレープフルーツをルビー種しか使わなかったが
ホワイト種と一緒に使えば、見た目にももっと楽しいサラダになる。
素材の相性はバツグンだった。

酸化した白ワインとも好相性でしたよ(苦笑)
[PR]

by ibulog | 2006-03-27 09:40 | うち食 | Comments(0)
2006年 03月 26日

どぶろく

Neo_Elementsさんのブログでどぶろくが取り上げられたのを見て、
子供の頃からこの未知なる飲み物に並々ならぬ興味を抱いていた
記憶があるボクは、思いつくままコメントを入れた。c0066553_7241667.jpg
すると驚くことに、このコメントを見ていただいていたどぶろくの
送り主さんが、ワタクシにも一本届けて下さったのである!
しかも「九州は暖かそうだから」とクール宅急便で!
ボクとろここはこの気配りに涙をこらえきれませんでした…
本当にありがとうございます!


さっそくいただく。c0066553_7365964.jpg
静かに藁の栓を抜き、丁寧に上澄みを器に注ぐ。

もう一杯は軽く瓶をゆすって濁らせ、澱(おり)も一緒に注いだ。c0066553_741925.jpg


香りは純米酒のような清々しい香りがするが、火入れをしていないような
少し青臭い若さも感じる。

最初に上澄みの方を口に含んでみた。
柑橘系のようなさっぱりとした酸味が広がったあと、すぐに米酒の芳香さが襲う。
この初めて味わう旨さを、どう表現すればよいのだろう…

軽く口をすすぎ、濁った方を口に運ぶ。
ん?この舌を刺激するのは何だ?最初に飲んだ上澄みとは明らかに違うコク。
ヨーグルトのような乳の味。発酵中の酒はこれまでにも飲んだことはあるが、
これほどイキのよさを感じる酒は初めてだ。

それぞれに趣がある味だが、「どぶろく」という文字からも感じる
野趣を楽しむには、澱も一緒に飲んだ方が旨いように思った。

この日、胃ぶくろに納まったもの
[PR]

by ibulog | 2006-03-26 08:21 | のみもん | Comments(15)
2006年 03月 25日

ポトフ

残りのチャイナベーコンでポトフを作った。c0066553_8505314.jpg
保温鍋とDO、ドッチで作るか迷ったが、
時間が遅くなったのでダッチで作る。

材料を放り込んで40分、火にかけほったらかしとけばいい。c0066553_8544733.jpg
エリンギ、タケノコ、ジャガイモ・・・

見た目は美味しそうだが、味付けに失敗。
今朝もあとを引き、気分が重い…

ろここの話を読む
[PR]

by ibulog | 2006-03-25 09:16 | ダッチオーブン | Comments(7)
2006年 03月 24日

チャイナベーコン

寸分たがわずマネさせていただいた。
レシピのコピーは下記
『簡単レシピ:豚ばら肉と肉に行き渡る程度の醤油を
ビニール袋(ジップロック)に入れ密封。
24時間。時々向きを変えて全体に醤油が回るようにする。
キッチンペーパーで肉の周りの醤油を軽くおさえ、
屋外の日の当たらないところにぶらさげて乾燥。3日間。
軽く全体を水洗い(ほこりを落とす)、抽出した烏龍茶
(今回は約500cc)で蒸す。(今回は25分)』

c0066553_056977.jpg
蒸し器にはダッチオーブンを使った。

回鍋肉にしてみる。c0066553_115638.jpg
■調味料
・豆板醤、小さじ2
・甜麺醤、小さじ2
・酒、小さじ2
・醤油、小さじ2
・コショウ、少々
・ごま油、小さじ2

■材料
・チャイナベーコン、食べたいしこ
・キャベツ、1/4個
・ニンニク、1片
・生姜、1片
・ネギ、1/2本

とにかく美味い! の一言でした。

この日のもう一品
[PR]

by ibulog | 2006-03-24 01:21 | レシピ | Comments(11)
2006年 03月 23日

空豆     

ろここが昼休み、八百屋さんで空豆を見つけてきた。
c0066553_923548.jpg
当然見習って焼く。

炭をおこしたかったが、帰宅時間が遅くなりガスで焼いた。c0066553_95082.jpg
炭火焼きでは食べたことが無いので違いは解からないが
茹でるよりは遥かに美味しいと思う。

今日のもう一品c0066553_97429.jpg
ろここが作った鰯のメンチカツ。
根こんぶ酢醤油と青唐辛子であっさりといただいた。

反主流 の話
[PR]

by ibulog | 2006-03-23 09:19 | うち食 | Comments(8)
2006年 03月 22日

差し入れ

fumikliさんから春野菜、二品を頂いた。ありがとうございます。

c0066553_991432.jpg
葉牛蒡はしっかり叩いたあと冷水にさらしてアクを抜き
キンピラにする。(ろここ作)

c0066553_9125388.jpg
極太の紫アスパラは4cmの長さに切り
下茹でせずにアーリオ・オーリオで仕上げた。(ろこお作)

みなさまに支えられ 今日も更新は続く(笑)
[PR]

by ibulog | 2006-03-22 09:25 | うち食 | Comments(0)