人気ブログランキング |

胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 01日

ところてん

c0066553_22495183.jpg
生姜、青葱、胡麻、ポン酢。

一本一本が短くて(粉々で)ムカついた。
「つるつるっ」って食べたかったのに…






豚カレー炒め
c0066553_22511991.jpg
キャベ千、プチトマト、シシトウ素揚げ。

豚は塩コショウして炒め、最後にカレー粉をパッパ。






薩摩白波の黒
c0066553_225768.jpg
ロックで。








きのう「羅生門」を観た。

c0066553_22575040.jpg
Amazon.co.jp
時は平安時代、土砂降りの羅生門の下で、杣売り(志村喬)と旅法師、そして下人が、3日前に起きた不思議な話を語り始めて行く。検非違使(森雅之)が殺され、盗賊の多襄丸(三船敏郎)が逮捕されるが、彼と検非違使の妻・真砂(京マチ子)、さらにはイタコを使って冥界から呼び寄せた検非違使の霊と、それぞれ証言が異なっているのだ…。
日本映画で初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞およびアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、一躍世界に黒澤明監督の名前をとどろかせた大傑作。人間のエゴ剥き出しの業の醜さと、そんな絶望の中からの再生といったテーマが、初めて太陽に直接キャメラを向けた画期的撮影や、ボレロ形式を主体とした斬新な音楽など見事なスタッフワークによって、躍動感みなぎる映像の美学として結実。キャストの名演も忘れてはならないところだ。原作は芥川龍之介の『薮の中』でその後も『暴行』『アイアン・メイズ』『薮の中』と繰り返しリメイクされ続けている。(的田也寸志)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
多くの映画祭で絶賛され、世界に“クロサワ”の名を知らしめた記念碑的作品。山中の木漏れ日や豪雨の中に佇む羅生門など、どのシーンを見ても黒澤の非凡さが伺える。宮川一夫のカメラワーク、妖しげな雰囲気の漂う京マチ子の名演技など、すべてが秀逸。


まったく入り込めんやった。
苦痛の90分。

by ibulog | 2009-07-01 09:11 | 出来あい


<< 焼き餃子      塩さば >>