胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 27日

ほうとう

c0066553_2134318.jpg
昨日の朝ごはん。

一昨日ろここが打って寝かせてた生地で
山梨名物「ほうとう」を真似る。

南瓜、大根、人参、玉葱、青葱、豚肉。


*このあとam9:00より歯科にて差し歯セット*






昨日のお昼ご飯
画像はナシ
セブンイレブンのサンドイッチ3種類。
電子レンジで長崎チャンポン。
エビスビールの黒。






デザート
c0066553_21374034.jpg
桃のソルベ。

ふくしまから届いて冷凍保存してた桃をガー。
レンゲの蜂蜜を足して。






鍋 / 昨日の晩ごはん
c0066553_21403367.jpg
鰯のツミレ





鍋 / 昨日の晩ごはん
c0066553_21425072.jpg
鶏だんご






鍋 / 昨日の晩ごはん
c0066553_21432354.jpg
豚バラ / ペラペラ






昨日のお酒
c0066553_21443159.jpg
土佐鶴の辛口。


昨日1日ガッツリ食べた。








きのう「バートン・フィンク」を観た。

c0066553_21475980.jpg
Amazon.co.jp
1941年、ニューヨークの社会派劇作家バートン・フィンク(ジョン・タトゥーロ)はハリウッドに招かれ、映画の脚本を書くことに。しかし、そこで彼が押し付けられたのは、B級格闘映画であり、しかもチェックインしたホテルは無気味な雰囲気が濃厚で、案の定それから彼は悪夢のような日々を過ごすことになる…。
カンヌ国際映画祭でパルムドールをしたジョエル&イーサン兄弟の不条理サスペンス映画の秀作。前半はハリウッド内幕ものとしての興味を働かせつつ、次第にドラマはホテルの隣室に居を構える大男チャーリー(ジョン・グッドマン)に対する主人公の不信と恐怖の念が錯綜していく。ホテル内の息苦しく暑苦しい映像がそのまま主人公の生理と合致し、観る者までをも当惑の域へと追い詰めていくコーエン兄弟の手腕は、好き嫌いを通り越して認めるべきだろう。(的田也寸志)


さすがコーエン作品、尻切れとんぼ(笑)
[PR]

by ibulog | 2009-10-27 00:38 | きじ食 | Comments(2)
Commented by Obeone at 2009-11-17 15:10 x
野菜たっぷりの食事。健康に良さそうですね。バートンフィンク昨夜見ました。
なかなか良かったです。僕も見終わった直後は、ラストの理解がいまいちのようでしたが、今日になって僕なりに理解できました。ワンちゃんはラブですか?うちにもラブがいます。食いしん坊でかわいいですよね。
Commented by ろこお at 2009-11-17 17:47 x
Obeoneさん こんにちは
ウチは黄ラブですが、Obeoneさんもラブを飼ってあるんですね、
そりゃ可愛いでしょ!(笑)

コーエン兄弟監督作品でエンディングがスッキリしてるのは
「ファーゴ」くらいじゃないでしょうか?
なにかお勧めがあれば是非♪


<< 本格焼酎「岡垣」      ハンバーグシチューのチーズ焼き >>