胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 07日

キノコとツナのクリームソース

c0066553_20385940.jpg
ペンネで。

エリンギ、舞茸、ツナは
ベーコン入りアーリオオーリオペペロンチーノと合わせ、
粉をパパッとふって生クリームで仕上げた。






サラダ
c0066553_20401530.jpg
レタス、トマト、キュウリ、ボイルドエッグ。






パン
c0066553_20411525.jpg
箱崎のpain stock
casalocabar元スタッフの差し入れ♪

美味しいもんをありがとうね〜






きのうのお酒
c0066553_204628100.jpg
フランジアの白








きのう観た映画

「彼女が消えた浜辺」

c0066553_20534788.jpg
Amazon.co.jp
週末旅行を楽しもうと、テヘランからカスピ海沿岸の避暑地にやってきた男女のグループ。そのひとりであるエリという若い女性が浜辺から幻のように姿を消したのは、ヴァカンスの2日目のことだった。海で溺れたのか、何らかの事件に巻き込まれたのか、それとも、別れも告げずにテヘランに帰ってしまったのか・・・パニックの中で様々な可能性を論じながら彼らはある事実に気付かされる。新たな友人として受け入れたはずの彼女について、エリという愛称以外、その正式な名前でさえ、何一つ知らなかったということに・・・3日目、エリの秘密を握るある人物の登場でドラマは大きく動き出す。エリとはいったい、誰だったのか?

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ベルリン国際映画祭で最優秀監督賞を受賞したイラン映画。週末旅行を楽しもうとカスピ海の避暑地にやって来た男女のグループ。翌日、その中のエリという女性が突然浜辺から幻のように姿を消してしまい…。監督はアスガー・ファルハディ。


現代の日本人には感じられん貞操観念を思い出させてくれた。
地味ながらよく出来た作品。
[PR]

by ibulog | 2012-02-07 08:48 | 洋ふう | Comments(0)


<< 出羽桜      揚げ豆腐 >>