胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 11日

火あそび

夜、気温が20℃を切った。





月見台で火を熾す。
c0066553_90773.jpg
食材はケチっても、炭はフンパツした方が良い。





焼いたもの(2人ぶん)
c0066553_9236.jpg
手羽先(4本)、オージービーフ(140g)
ピーマン(2ヶ)、シイタケ(5ヶ)、玉葱(1/2)、南瓜(2切)

うん、ケチっとう(笑)





思ったより満たされなかったので
c0066553_964673.jpg
冷凍保存しておいたピザ生地を焼く。

強火の遠火でパリっと仕上げる。
この日一番手をかけた。
かもしんない(笑)







昨日「ショーシャンクの空に」を観た。

c0066553_1750146.jpg
Amazon.co.jp
スティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したのが本作である。
妻とその愛人殺しの容疑で終身刑の判決を受ける、銀行マンのアンディ。無実の罪ながら投獄されるが、決して希望を捨てず、自由を得られる明日を信じ続ける。一方、古株の囚人レッドはそんなアンディに、「刑務所で希望をもつのは禁物」だと忠告する。アンディとレッドの友情を中心に、ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いていく。人生の不条理や悲しみを問いかけながらも、たどり着くラストシーンは見る者の胸をさわやかに、だが強く打つ。
いつも静かで穏やかだが、内面に強い意志をもち続けるアンディを演じるのは、ティム・ロビンス。その友人レッドに、モーガン・フリーマン。長い囚人生活に疲れはてていたが、忘れていた希望をとり戻していく姿がいい。監督は『ザ・フライ2』を手がけたフランク・ダラボン。(古屋葉月)


この映画は、同年に公開された「フォレスト・ガンプ/一期一会」
の陰に隠れ興行成績も散々だったようだが、口コミで評判を呼び、
公開後10年以上の時を経て「映画史上で最高ランクの作品!」
と評されるまでになった。 らしい。

冒頭から一時も目を離せない展開、臨場感。
観終わった時の充実感は、久しぶりに味わう感覚だった。

物語は、身に覚えのない罪を着せられ投獄させられた元エリート
銀行員の物語で、これ以上の予備知識を入れず作品を観た方が
いいと思う。
アカデミー賞を総なめにした「フォレスト・ガンプ/一期一会」
も観たが、こっちの方が断然好き♪
[PR]

by ibulog | 2007-09-11 09:39 | 七輪 | Comments(16)
Commented by だだお at 2007-09-11 10:24 x
「ショーシャンクの空に」
必見・映画鑑賞リストに入っております。
繰上げして、なるべく早く観ます。
Commented by まゆぞを at 2007-09-11 11:05 x
「ショーシャンク」、8年前に映画好きの友人が「とにかく観ろ!!」と言うので観ました。
今ウチにはDVDとスティーヴン・キングの原作本がありまシュ。
(原作名は「刑務所のリタ・ヘイワーズ」)
はい、このイェイ画、好きデス。
観終わったあとのスッキリ感は何度味わってもよかですん。(何回も観た)

>うん、ケチっとう(笑)
イエ、うちほどでは。爆)
育ち盛りが人犬合わせて4匹おりますけん。アゥゥゥ
Commented by ハニーJ at 2007-09-11 13:14 x
この映画はずい分昔だった記憶がありますが、フォレストガンプと
同じ年だったんですね。
最近時系列で記憶がたどれないので(--);
私もこの映画の方が好きです。
って比べてるものでもないのですが。
フォレストガンプとグリーンマイルがイマイチ好きになれないのは
もしかしたらトム・ハンクスのせいかも。
Commented by mica at 2007-09-11 15:24 x
ショーシャンク」、持ってます。
♪ボン、ボン、ダラボン、ダラボンボンッ♪の傑作かと。

日曜日、TVで「目黒のサンマ祭り」を見て、炭火で焼いた
サンマが食べたくなり、夕方、久しぶりに火をおこしました。
企画〜ファイヤー!〜片付け、すべて連れ合いです。
わたしは仕込んで食べただけ〜♪(^。^)
たまには、こーゆーのもイイですワ。
Commented by ろこお at 2007-09-11 20:01 x
だだおさん こんばんは
この映画、賞味期限は書いてありませんでしたが
まだまだナマで大丈夫!と感じました。
しかしながら鮮度のイイうちに是非♪
Commented by ろこお at 2007-09-11 20:08 x
まゆぞをさん こんばんは
ボクはDVDを持っていませんが(借りたので)
トースト7という正義の味方がついています(笑)のでいずれ

ウチは育ち盛りはとうに過ぎとりますが、
ケチっとう方が気持ちが落ち着くんですよね〜
「贅沢は敵」と親から教わっとります。←ホントですよ
Commented by ろこお at 2007-09-11 20:18 x
ハニーJさん こんばんは
さすが沢山の映画を観とらっしゃあ♪
ボクも比べることはないなぁと思いながら比べて書いたのは
アカデミー賞受賞作ばかりに光が当てられるのもどうかと(以下略)
トム・ハンクスに付いては解りませんが、フォレストガンプが大方の
人に受ける理由はナンとなく解ります。ボク少数派みたいですからw
Commented by ろこお at 2007-09-11 20:22 x
micaさん こんばんは
DVD持っとる人、多いですね〜
正規版ですか(笑)

ところでサンマ、美味しそうに焼けてましたね〜
連れ合いさんもヤルぢゃないですか!
ボクは自分で火を熾すまでが楽しいんですよ♪←変態ですか?
Commented by だだお at 2007-09-11 21:40 x
すみません、質問です。
「月見台で火を熾す。」
「月見台」って何ですか?
写真を拝見するに、
屋内で使用できる角型の七輪の事かな?
私も炭でいろいろ焼きたい!
Commented by ろこお at 2007-09-11 23:08 x
だだおさん こんばんは
ボクも月見台のことは、家を建ててくれた大工さんに聞いて
初めて知ったのですが「和風デッキ」の事と解釈しています。
拙HPの表紙に24時間ほど貼っておきますのでよろしく〜
Commented at 2007-09-12 08:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by だだお at 2007-09-12 10:30 x
HPの写真、拝見しました。
月見台、納得!
(dadから見取り図も頂きましたし)
Commented by inukuro3 at 2007-09-12 12:53
「月見台」「雪観障子」など、日本は季節や自然を
楽しむ工夫が家にもこらしてあって、ステキですよね。
秋はまさに、月見台の季節!ですね〜。

ちなみにワタシは昔、「つきやま」を『月山』だと思っていて
なるほど古来日本は、月を愛でる風流なお国柄なのねと
感心していたのですが。。。
人工的に作った山(築いた山=築山)の意だったとは。(^_^;);;;
Commented by ろこお at 2007-09-12 14:46 x
鍵コメントさま こんにちは
笑ってこらえちゃろ(笑)
Commented by ろこお at 2007-09-12 14:52 x
だだおさん こんにちは
この広さで8名くらいはテーブル囲んで暴飲暴食可能です。
来福の折には是非♪

あ、見取り図は門外不出にてお願いします(笑)
Commented by ろこお at 2007-09-12 15:02 x
inukuro3さん こんにちは
ホントホント♪ よか季節になりました。
ウチの家は全部屋内障子なんですが、しょっちゅう紙を破いて
しまうので(犬ぢゃなくてボクが酔っぱラリって)破れないワーロン
という素材に張り替えています。

「つきやま」おもろいですね~


<< レバーペースト再び      休日 >>