人気ブログランキング |

胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 29日

がめ煮

c0066553_7395963.jpg
筑前煮とも言うが、
やっぱコッチぢゃ「がめ煮」ばい。





中トロの刺身
c0066553_7433936.jpg
タイムサービスで500円。

こころなしか色が悪くね?





白菜漬け
c0066553_7445923.jpg
箸休めに。







昨日「クラッシュ」を観た。

c0066553_17243444.jpg
Amazon.co.jp
タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作は、ロサンゼルスでの2日間の人間ドラマを、心に突き刺さるほどの「クラッシュ」とともに描いていく。登場人物は、地方検事とその妻、黒人刑事と同僚でスペイン系の恋人、TVディレクター夫妻、雑貨店を営む家族、鍵の修理屋など、さまざまな階層・人種。職業だ。
無関係のようにみえた人々が、人種間の偏見、そこから生まれる憎悪が引き起こす事件によって結びつけられる。急展開ながら、登場人物の交通整理のうまさに引き込まれるのだ。警官からセクハラまがいの仕打ちを受けた女性が、その後、彼と思わぬかたちで再会するシーンなど、何カ所か、本当に背筋の奥までゾクッとさせるショッキングな描写もある。俳優たちも、ほかの出演作とは明らかに違う迫真の演技を披露し、最後まで観る者の目を釘付け。全編に漂うのは、いまだに差別に満ちたアメリカの現実だが、ラストシーンでわずかに残される希望が、静かな余韻を残す。(斉藤博昭)


この作品、第78回アカデミー賞の作品賞を受賞した
らしいが、正直「え?」っていうカンジ。
2時間観てしまうちゃ観てしまいますが、なにかスッキリ
しないものが残ってしまった。
ま、映画は好みですから。

by ibulog | 2007-09-29 07:54 | うち食


<< 唐芋(さつまいも)の天ぷら      浅波(泡盛) 読谷村/沖縄県 >>