人気ブログランキング |

胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 09日

柿のマヨ和え、再び

c0066553_943465.jpg
昨日、偶然にも味付き海苔を頂いたので、
一昨日失敗したリベンジを果たす。

なんで味海苔だとこうも美味しくなるのか不思議





ゴーヤの洋風玉子とじ
c0066553_9142571.jpg
実家からゴーヤをもらったので。

塩胡椒で下味を付けた豚バラをオリーブ油で炒め、
薄めにスライスし、塩揉みしたゴーヤを加える。
そこへ無塩バターを入れ、卵でとじて出来上がり。

味付けは塩胡椒と最後に醤油をひと回し。
いつも和風か中華風になるので、今回は新鮮だった。





チーカマ、キューチク
c0066553_9242161.jpg
ワサビ醤油で。







昨日「Memoirs of a Geisha / 邦題 SAYURI」を観た。

c0066553_16305024.jpg

Amazon.co.jp
舞台は京都の祇園ながら、アメリカ人のアーサー・ゴールデンが原作を書き、ロブ・マーシャル監督で映画化。その点だけでも、これは日本人にとって興味津々の作品だろう。幼い頃に置屋に売られた千代が、花街で一番の芸者「さゆり」に成長するまでを、豪華絢爛な映像で描いていく。さゆり役にチャン・ツィイー、彼女が想いを寄せる会長さんに渡辺謙など、アジアを代表するスターが共演。端々に日本語の単語を織り込みつつも、基本は英語の会話というのには違和感もあるが、その分、異色の面白さが味わえるのも事実だ。
芸者たちの踊りや着物の着方など、明らかに常識と違う描写にも、マーシャル監督の美意識が貫かれている。日本家屋の暗さや、障子に映る影には、日本映画以上に“日本らしさ”が意識されている気もする。さゆりと先輩芸者の初桃、そのライバルの豆葉など、女たちが嫉妬と確執のドロドロなバトルを繰り広げるのだが、この点はハリウッド製のためか、映像ほど、こってりはしていない。そんななか、桃井かおりの存在感だけは終始、圧倒的だ。(斉藤博昭)


日本文化を描いといて、台詞が英語で日本語字幕はナイやろ
と思った(笑) 音楽も日本より中国っぽいイメージだし。
あ、主演がチャン・ツィイー(章子怡)だからか♪

「コレは洋画なんだ」という意識を持って観ないとキツい。

by ibulog | 2007-11-09 09:11 | いただきもん


<< チャイナベーコン      柿の白和え >>