人気ブログランキング |

胃ぶろぐ

ibulog.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 13日

焼き栗

c0066553_0163164.jpg
お客さまから頂いた栗を焼く。
ボクの焼き方がヘタクソで皮が剥き辛かったが美味しい。

もっと黒こげにしていいんだろうなぁ...


美味しいものをありがとうございました。






まびき のムニエル
c0066553_018011.jpg
タルタルソースのせ






とんかつ
c0066553_0193612.jpg
ヒレ♪








昨日「モナリザ・スマイル」を観た。

c0066553_16593830.jpg
Amazon.co.jp
1963年、名門女子大に助教授として就任したキャサリンは、大学の保守的な体質に驚く。いい教育を受けながらも、エリートの男性からのプロポーズこそ、女性の幸せだと信じる生徒たち。しかし、キャサリンの自立をうながす授業に影響を受ける生徒も現れるようになるが、彼女は恋人との別離など、私生活で岐路に立たされることに…。
女生徒たちに“新しい女性の生きかた”を指導するヒロインをジュリア・ロバーツが演じる。名門女子校で画期的な授業を進めていきながらも、私生活ではひとりの女性として恋に悩む繊細さも見せ、表現力が豊かなジュリアならではの奥行きのある教師像を披露している。彼女が演じなければ地味な佳作で終わるところを、ジュリアのおかげで華やかな学園ドラマになったといっても過言ではない。共演はマギー・ギレンホール、キルスティン・ダンスト。60年代のクラシックな衣装も見逃せない。監督は英国映画『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェル。(斎藤 香)


落ち着いた、なかなかの映画だった。
ジュリア・ローバーツの笑い方が好き。

by ibulog | 2008-10-13 07:30 | いただきもん


<< あずきたっぷり      crisp'n lig... >>